toutenpaul.com

2017年11月24日 愛媛県/八幡浜市立神山小学校

DSC00785-1
IMG_2850 DSC00805-1
愛媛県西端にある佐田岬半島の付け根に位置する八幡浜市立神山小学校80分講演です。
北に伊予灘、西に宇和海を望み、海辺の道の駅「みなっと」では輝く海とみかん畑の山とのコントラストの美しさに心を奪われました。体育館では先生方はじめ、地元の公民館の館長やふれあいセンターの皆様が集まってくれていました。準備段階から手伝ってくれて、皆様と一緒にステージを作り上げていきました。
集まった児童たちは踊りながら登場した僕に興味津々。
アコースティックギターでお箸の歌を歌うとみんな笑顔になりました。
いじめ活動のきっかけや阪神淡路大震災での体験談を話しはじめると、体育館は静まりかえり、聞き入っていました。子供達の自殺を一人でも多く防ぎたい思いを活動の写真で伝え、歌を歌いました。最後はみんなでマウンテンソングを歌い、笑顔で繋がり合える素晴らしさを一緒に感じ合いました。

別れ際、校庭で駆け寄ってくれた沢山の子どもたちと記念写真をしました。
また八幡浜に来れる日を願っています。

PS.後日、講演を見てくれた保護者の方からメッセージが届きました。

「とても素敵な時間をありがとうございました。
 私も幼稚園、小学校時代にいじめを経験しました。
 その時には暗くて長いトンネルの中を歩いているような感じでした。
 でも、多くの出会いでじめじめした気持ちの自分の殻を破った時周りの景色が明るくなり気持ちも前に向きました。
 昨日の講演会の中で不良グループのリーダーが「いじめなんてくだらないことしてませんから」という事がとても印象に残りました。本当にその通りだと思います。
 私も今いる自分の場所で自分に出来る事自分の言葉で伝えていきたいと思います。」

素晴らしいメッセージありがとマウンテン。

コメントを残す


(必須)