toutenpaul.com

2017年2月9日 香川県/東かがわ市人権センター

DSC09850-1DSC09844-1DSC09862-1

香川県東かがわ市にある大内交流館「しあわせを考えるつどい」90分講演です。

東かがわ市はシェア90%以上を誇る日本一の手袋の産地であります。

市内にあるてぶくろ資料館には有名スポーツ選手の手袋(フェンシング日本代表の太田雄貴選手、プロゴルファーの宮里藍選手、元サッカー日本代表GKの川口能活選手等)の展示してありました。

集まった市民、人権啓発委員、市議会議員の皆様方にこれまで歩んできた道のりを音楽や映像、ギター弾き語りを交えて話しました。

インドでの話はマザーテレサハウスでのボランティア体験を中心に展伝え、マザーテレサと一緒に奉仕をしていた唯一の日本人シスターの言葉を紹介しました。

人権に対して熱心な見識ある方々の前で不安でしたが、講演後はたくさんの感想文を頂き、「人権らしくない講演で非常によかった」「音楽を交えて大変分かりやすかった」「とても元気が出た」「いつも心にマウンテンで勇気をもらいました」「手を差しのべる、ささいな事から始める必要さを感じた」と書いてあったことに講演の成功を感じ、ホっとしました。

コメントを残す


(必須)