toutenpaul.com

2017年6月14日 大阪府/豊中市立第八中学校

DSC00202-1DSC00205-1 DSC00208-1

千里ニュータウンの中心地にある緑豊かな豊中市立第八中学校一年生の出前講座です。
(※登天ポールは豊中市教育委員会、出前講座事業の5人の1人の講師として登録されています)
以前講演をした北丘小学校と東丘小学校の児童が第八中学校に進学するとのことで、2回目の出会いとなりました。
小学校の時に披露したマウンテンソングやマウンテンポーズをほとんどの生徒が覚えてくれていました。

「心にマウンテンを持って中学生になってくれましたか?」

との問いに、生徒たちは苦笑い。ふたりの生徒が「疲れている」、「忙しい」と発表してくれました。

「楽しい日々もハッピーとはいかない日々もあったと思う。そんな毎日の中、忘れがちな大切なことをもう一度思い出してほしい」

と話し出しました。
小学生時の講演と重複しないよう、内容を中学生用にブラッシュアップし、なぜいじめはいけないのか、なぜ命は尊いのか、仲間とは何か等、質問形式で生徒たちに語りかけていきました。

海外での実体験を通して、答えを導き出し、言葉では足りない思いをギターの弾き語りで伝えていきました。
最後の生徒代表の挨拶では「一人ひとりの命と尊さと言葉は命まで奪ってしまうことを学びました」と言ってくれたことに、思わずホッとしました。

講演後の校長室ではR校長先生が「仲間とは何なのかを今一度考える機会ができてよかった」と言ってくれました。
北丘小学校のS校長先生と東丘小学校のM校長先生も来てくれていてびっくりサプライズ。
あまりの豪華な顔ぶれに思わず記念写真をお願いしました。

IMG_1972 (1)

さすが!校長先生方はナイスマウンテンでした!

コメントを残す


(必須)