toutenpaul.com

2018年03月13日 和歌山県/向陽中学校

DSC01392-1DSC01338-1 DSC01344-1 DSC01360-1 DSC01381-1

和歌山県和歌山市にある県立の併設型中高一貫校、和歌山県立向陽中学校90分講演です。

文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール (SSH)に指定されており、理系教育にも力を入れています。

和歌山市では初めての学校講演となり、いつも心にマウンテン和歌山支部の皆様のご尽力により実現しました。

和歌山支部代表として向陽中学校のOBでもある山田さんが手伝いにきてくれました。

武道館に集まった約240人の生徒たちは真剣な眼差しで見て、聴き、最後楽しく踊ってくれました。

入試で3.5倍の中から選ばれた生徒らしく、質問ではシャープな質問で会場を沸かせてくれました。

人権問題、学校生活に真剣に取り組んでいる向陽中学校の生徒の姿がありました。

「私も小6の時いじめられていました。今でもあの時の傷ついた言葉を覚えています。今日の人権コンサートを聴いて、同じ思いにさせないように、私もいじめ撲滅を目指していきたいと思います」

「仲間の中で一緒になりいじめていた自分がいました。今までこういった人権の話を聞いていつももやもやした気持ちになっていました。しかし今日の登天ポールさんの歌や話を聴いて、その気持ちにごまかさず、これからはいじめ撲滅をしていきたいと思います」(講演後の感想)

向陽中学校の皆さんは終始、いじめ問題を自分のことのように考えてくれて、手拍子を送り、まるで一緒に全国を周ってくれている友のようでした。

 

コメントを残す


(必須)