toutenpaul.com

2018年05月01日 大阪府/豊中市立庄内西小学校

DSC01492-1DSC01491-1 DSC01502-2

猪名川と神崎川の間に位置する豊中市立庄内西小学校3年生100分講演です。
校舎の屋上には「輝く笑顔 希望の明日へ」のメッセージが大きく掲げられていました。
輝く未来へ登っていこうというマウンテンソングのメッセージと重なり今日の講座が楽しみになりました。
元気いっぱい、笑顔で登場すると、多目的室に集まった約40名の3年生児童は不思議な顔をして僕を見ました。
様々な環境で育っている子ども達が集まっていると聞いていました。
『どんな思いで今を過ごしているんだろう、楽しい子、あまり楽しくない子いるのかな・・』
一人ひとりの顔を見つめながら話をしていきました。

「仲間ってどういうことをいうんだろう?」
「どういうことを仲間って呼ぶんだろう?」

みんなに質問を投げかけました。
隣同士で話し合い、発表してもらいました。

「ともだちみたいなものです!」
「自転車をぶつけ合ったりできるのが仲間!」
「信じることができる人!」
「協力するのが仲間だと思います!」

一生懸命に自分なりの想いを伝えてくれました。
ラストはマウンテンソングで一緒に踊り、歌い、笑顔でお別れをしました。

講演後、担任の先生から、
「とても有意義な時間になりました。この子たちは2年生の時に2クラスだったのですが、3年生から1クラスになりまいた。なんとか5月のこの時期に登天ポールさんに来てもらえないかと思っていました。
子ども達の心に仲間意識が芽生えたと思います。本当にありがとうございました」
と温かい言葉を戴きました。

少人数だからこそ届けることができる思い、呼吸を感じ合いながら話ができる素晴らしさを改めて実感しました。
大きくなっても憶えてくれていたら嬉しいな、今日のマウンテン話/(^o^)\

コメントを残す


(必須)