toutenpaul.com

2019年8月6日 石川県/教育フェスタ講演会

DSC02821-1 DSC02815-1 DSC02803

能登半島の西の付根に位置し、海岸沿いの砂浜を車で走ることができる羽咋市教育フェスタ講演会90分講演です。

石川県教職員組合羽咋支部の主催によって実現しました。

羽咋市では5年前、羽咋CATVでニュースキャスター、レポーターをしていたこともあり、また奥能登は両親、祖母が住んでいて能登は僕の故郷です。来場者の中には何人か知ってくれている人がいて久々の再会に心をときめかせました。

会場となったコスモアイル羽咋は宇宙科学博物館で、併設されているドーム型のプラネタリウムホールは音響、照明が整っており、まるでコンサートホールのような臨場感の中で講演をすることができました。

夏休みの中、集まってくれた先生方の人権に対する熱心な想いに応えるべく一曲でも多く歌を披露し、

最後は海外のいじめ撲滅活動を紹介しました。

世界80か国以上で行われているピンクシャツデーを例に挙げ、香川県人権研究会の皆さんと一緒に作詞作曲した

「WE ARE THE FAMILY~いじめ反対のうた~」を歌うと一緒に口ずさんでくれる先生たちがいました。

講演後、司会をしていた先生が「ポールさんの高い歌声が心に染み染みわたってきて、いじめる人もいじめられる人もだんだんとなくなっていくんだなあと思いました」と感想を伝えてくれました。

その言葉がとても嬉しくて、神戸への帰り道はいつまでもごきげんでした。

 

コメントを残す


(必須)