toutenpaul.com

富山市立豊田小学校からの感想文

DSC04209-1富山市立豊田小学校講演後(1年生~3年生)、感想文が届きました。
低学年の子ども達の心にちゃんと届いていたのかなと自分に問うところもあったのですが、こんなにもちゃんと考え、受けとめ、行動にも移してくれていることに感動です。
以下6編を紹介します。
小学1年生
『ぼくは、はなしをきいてちょっとでも、ほんのすこしでもいいからなぐさめたくなりました。いいはなしをありがとうございます。ひとのおかあさんがいのちをかけてうんだんだからいじめられている人にこえをかけてあげたいです』
ポール:お母さんのことを考えたんだね。そしていじめられている人に声を掛けてくれるんだね。
嬉しい/(´▽`*)\
小学1年生
『わたしは、とう天ポールさんの、うたをきいて、いのちをたいせつにしなくちゃいけないとおもいました。わたしはけんかでないている人をみつけたら「だいじょうぶ」や、「あそぼう」とさそいます』
ポール:つらいとき、ひとこと声をかけてあげると、あいてはとってもうれしくなるよね/(´▽`*)\
小学1年生
『ぼくは、とう天ポールさんのおはなしをきいて、とう天ポールさんはほんとうににほんじゅうのひとたちのかなしいきもちをうたやおどりでたのしいきもちにかえているとおもいました。いじめをなくすとう天ポールさんが豊田小学校にきてくれて、そのおかげでいじめをなくしたいとおもう人がふえたとおもいました。ぼくもとう天ポールさんみたいないじめをなくす人になりたいです』
ポール:豊田小でいじめをなくす人がふえたらうれしいよ。
まわりの人からいじめを守ってあげてね~/(´▽`*)\
小学2年生
『きょうはいじめをしないことにしました。いつも元気にと思いました。いじわるなことをしてたけど、いじわるなことしないとやくそくします。ぼくも世かいじゅうをまわりたいとおもいました』
ポール:やくそくをしてくれてありがとう。大きくなったらいっしょに世かいをまわってみようか~/(´▽`*)\
小学2年生
『とうてんポールさん、わたしは話しを聞いてもっとおとうとにやさしくしたり、ともだちにやさしくしようと思いました。いじめをやめたいと思います。もしともだちがいじわるしていたらちゅういしたいきもちになりました。わたしもいじわるをしないようにします。つくえに絵をかかないようにします』
ポール:お姉さんとして弟にもやさしくしてあげてね。つくえの歌のうけとりかた、さいこうだよ/(´▽`*)\
小学3年生
『わたしはときどき、この人生をやめたいと思っていたりします。この歌のおかげで、しょうらいじさつをしません。マウンテンの歌を歌ってくださってどうもありがとうございます』
ポール:人生をやめたいなんて小学生でいっちゃダメだよ。これからいっぱいいいことあるんだよ/(´▽`*)\
小学3年生
『ぼくはいじめをしている人に注意をしたことがあるけれど、聞いてくれなかったのでみんなで強く言おうと思いました。ぼくは世界を回るまではできないけど、できることはしようと思いました』
ポール:1人でだめなら、みんなの力を集めるといいね/(´▽`*)\
小学3年生
『ぼくは登天ポールさんの話を聞いていじめはぜっ対したらだめだ、いじめをしたら人ごろしと同じになるということがわかりました。ぼくはちょっと知らないうちにひどい言葉を言っているかもしれないので今度からしらないうちに人の心をきずつけないように自分も気をつけたいです』
ポール:「いじめをする=はんざい」ということも言えるよね。いじめは命をきずつけることだよね。
気づいてくれてありがとう/(´▽`*)\

コメントを残す


(必須)