toutenpaul.com

高松市立塩江小中学校からの感想文

先日行った塩江小中学校の感想文が届きました。
U教頭先生から11月の人権月間小学校の全校テーマは「全校生が平等で本当の笑顔で過ごせるようにしよう」と決まったとのことで、このテーマに迫れるよう子どもと共に実践していきたいとのことでした。
小学4年生から中学3年生までの6年の幅があり、講演内容をどこに焦点を合わせるのか悩みました。しかし思い思いに感じてくれて、それぞれが自分の身になって考えてくれていたことにほっとし、心から感謝です。一部抜粋して紹介します。

4年生 女子
『わたしが思ったのは、これからいじめられても、いじめられている子がいても、わたしは、見て見ぬふりをせず、見てる方もいじめていることとおなじだから、これからはいじめられている子がいたら「いじめをせずにみんななかよくして行こうよ」と声をかけていきたいです。いつも心にマウンテンと言う言葉をおぼえて、心の中はマウンテンでいきたいです。みんななかよくマウンテン楽しい学校を作って行きたいです』
5年生 男子
『日本にはいじめで自殺する人はいっぱいいることが分かりました。登天ポールさんは人通りがある中でいじめをへらそうということをうったえていて、けんかしたりしたのに、あきらめないですごいと思いました。話をきいていじめはやめて、人のいじめはできるだけとめたいなと思いました』
6年生 男子
『ギターを弾きながら歌う歌はすごく心に響きました。「自殺反対の幟を下ろしてくれ」と言ったおじさんや登天ポールさんの歌を聞いてなみだを流した女の子が頭の中にうかび上がってきて、登天ポールさんの伝えたい気持ちが分かった気がしました。とても感動する講演が聞けて、うれしかったです』
中1 女子
『一番最初に藤蔵した時、衣装がすごくて(何やこの人…。ハイテンションすぎんか……?)と思いました。元気ハツラツな感じの人でついていけませんでした。いじめはした事もされた事もありませんが、友人をいじったり、いじられたりした事がありました。こんな小さな事が少しずつつみ重なっていじめになるのではないかと思います。登天ポールさんんが言ったように一人でも生徒が声をかければ少しでも宅になるのではと考えます。生徒だけでなく、教師もちゃんと話しかければいいなと思います。とにかくいじめなんてしたくないしさせたくありません』
中2 女子
『私は一番心に残ったことは2つあります。1つ目は命は今まで私が思っていたよりとても大事な存在だということです。私は「大事」だとは思っていましたが、登天ポールさんが去年や今年に起こったイジメで自殺してしまった人の話をしてくれ軽く考えてはいけないなと思いました。2つ目はイジメなど困難なことがあっても、みんなやまわりの人がささえてくれることで乗り越えられるものがあるということです。私はそこまで今なやんだり、困難なことはありませんが、もし私以外の困っている相手を見つけると、助けれることは全力で助けたいなと思います。これから私自身も困難で苦しくなることがあるかと思いますが、今日のようなことを思い出して、生きていきたいと思います。そして今日学んだことを家族、いとこ、などいろんな人に伝えたいと思います。』
中3 女子
『一番印象に残ったのは全国巡りをしてる時に話しかけてきたと言っていた50代の男性の言葉です。私はいじめなどの境目はあいまいなもので他人が判断しにくいものと思っています。自殺した方々はそのあいまいさゆえに苦しめられた部分もあるのではないかと考えます。「自殺した親の気持ちがわからないならその幟は外して下さい」という言葉の気持ちはなんとなく分かります。自分の好きなものをよく知らずに知ったかぶって、それでいてその好きなものを批判されている気分と少し似たものではないかと思います。何も知らないくせに知っているような口ぶりを…と体験されている方は思っていたのかもしれません。
大人になってもいじめはあると聞きました。そのいじめは学生の内、勉強外のことを学べずにいた人たちが多いのかなと思っています。私は学生の内に学べることは学んで正しい人間になりたいと思いました』

コメントを残す


(必須)