toutenpaul.com

今年もありがとマウンテン

登天ポール いじめ マンデラ

今僕は人権学習のため、南アフリカ、ケープタウンに来ています。

南アは今、夏で日中の日差しはとても暑いですが、湿気はなく、カラッと晴れて空は青々としています。

欧州からたくさんの家族連れが来ています。

食事は美食とワインの国ということもあり、シーフード料理が美味しく、特にムール貝のガーリックいためがオススメで、これが白ワインとの相性がバッチリです。物価は日本より安く、いっぱい食べて、飲んでも一人1500円ぐらいです。旅模様はまたコラムで書いてみたいと思います。

今回の目的は中学時代に教科書で習ったアパルトヘイト(白人と有色人種とを差別する人種隔離政策)の地を肌で感じ、アパルトヘイト撤廃後21年が経つ現在の「今」を見てみたかったことと、それを解決に導いたネルソンマンデラ氏(2013年に没)の心情を知りたかったのです。

彼の人生を追った映画「マンデラ 自由への長い道」を観た人もいると思いますが、約30年も牢獄に入れられながらも自国の平和を諦めずに戦ったその精神はとても偉大で、彼の苦悩は想像もできません。

なぜ彼が反アパルトヘイト運動へ立ち上がったのか?

その決断に至ったのはどんな一瞬一瞬の積み重ねだったのだろうか?

僕はマンデラ氏がその第一歩を踏み出そうと決意をした最小公約数の心模様は、いじめを見て、見ぬふりをするか、声をかけようか、勇気を出すかどうかの心模様と同じじゃないのかなと思っています。

彼はこんな言葉を残しています。

The first thing is to be honest with yourself. You can never have an impact on society if you have not changed yourself.

まず何よりも、自分に正直でありなさい。自分自身を変えなければ、社会に影響を与えることなど決してできません。」

明日、18年の牢獄生活を過ごした刑務所、ロベン島へ行ってきたいと思います。

滞在期間中、どこまで彼の本質に迫れるかわかりませんが、実際にこの目で見て、肌で感じ、自分の中でどんな感情が沸き起こるのか 楽しみ です。

また歌にできればと思っています。

今年も見てくれてありがとうございました。

また来年もよろしくお願いします。

いつも心にマウンテン

登天ポール

コメントを残す


(必須)