toutenpaul.com
banner

登天ポールの「自殺反対、いじめ撲滅」キャンペーン全国行脚 

2012年05月の投稿

POSTED DATE : 2012年5月29日

羽咋中学生とPTA会長からのメール

念願の羽咋中学校での講演でした。
2年間待ち望んでいただけに、最高のプログラムを練り、歌、踊り、トークに練習を重ね484名の羽咋中学校の体育館のステージに立ちました。カメラ3台が回り生徒たちが緊張していた事、生徒との距離が遠すぎた事などもあってメッセージがきちんと届いたのかなあ~と言う不安が残りました。
講演後も様々な事に危惧していた僕に次から次へと寄せられる嬉しいメール達がありました。
今も彼らから届く熱いメールに、僕の方こそ自信と勇気をもらいました。
一部了解を得て公表させていただきます。
M君
「こんちは☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
羽咋中学校野球部3年の○○です‼
この前はマジ面白かったです

POSTED DATE : 2012年5月18日

2012年5月15日 石川県/羽咋市立羽咋中学校


羽咋中学校、PTA親子学習会での90分間の講演です。
全校生徒484名、保護者98名、能登半島では大規模校です。
実はこの学校で講演することは僕の夢でした。
一昨年、徳島県の学校へ行っていた時、たまたま見た徳島新聞に、当時羽咋中学校1年生の藤岡はるかさんの「笑顔のために」という内閣総理大臣賞を受賞した人権作文が載っていました。
読んで僕は感動しました。
きっと羽咋中学校ってこんな素晴らしい人権作文を書く生徒たちがいるんだと思い、石川県は、まずは羽咋中学校からだと思って一昨年の2月に訪れていました。
その時は実現できなかったのですが今回その夢が実現しました。
90分という時間でしたが、みんな真剣な姿勢で耳を傾けてくれました。
講演後、後片付けをしていると「サインをお願いします」と女性の先生と2人の男子生徒がやってきました。気づけはたくさんの生徒が並んでいました。
僕はまた彼らから大きな自信をもらいました。みんなありがとマウンテン♪
下の写真は内閣総理大臣賞作文を書いた藤岡はるかさんの弟です。
「姉に伝えておきます」
と嬉しそうに言ってくれました。