toutenpaul.com
banner

登天ポールの「自殺反対、いじめ撲滅」キャンペーン全国行脚 

2012年10月の投稿

POSTED DATE : 2012年10月30日

2012年10月27日 石川県/津幡町立津幡南中学校


石川県金沢の北側に位置する津幡町立津幡南中学校、全校生徒631人の80分講演です。
陸上、相撲、ボート等におけるスポーツ優秀校です。
玄関には沢山のトロフィー、表彰状が掲げられています。
また学業においても生徒達がしっかりと取り組んでいます。
オープニングから拍手が沸き起こり、彼らと一体感となった講演でした。
インドやフィリピンの子供たちの一生懸命生きている姿を紹介しながら、生きるとは何かを真正面からのメッセージを送れたと思います。
講演後、生徒たちからの熱いメールが届き、より一層頑張っていこうと決意を新たにしました。

POSTED DATE : 2012年10月1日

志雄中学校からの感想文

kiji_0001 kiji_0002
講演後の石川県宝達志水町立志雄中学校より感想文が 届きましたので一部紹介させてもらいます。
「しあわせマウンテンをめざして」の60分講演が彼らの心に響き、それぞれの受け取り方をしてくれていた事が嬉しかったです。 その中の2年生kさんの「歌ってすごい力を持っていると思う」という感想文に、僕の方こそ、大きな自信をもらいました。 これからも、歌って踊って語る、自分の講演スタイルをしっかり届けて行きたいと思っています。
1年 Tさん
「私は給食の時、音楽がなっているのを聞いて、「いつも心にマウンテン」?と思っていました。今日話を聞いて、悲しい時こそ元気よくあかるい気持ちが大切だと分かりました。私もいじめにあったとき、友達が助けてくれました。自分がダメなとき、支えてくれる友達がいたから、いじめがなくなりました。私も友達が困っているときに支えてあげたいと思いました。ポールさんが言っていたように”次、自分ができることはなにか”考える事が大事だと分かりました。これからも友達を大切にして”明るい自分”を目指してがんばります。今日はありがとうございました。」
2年 Kさん
「登天ポールさんは、いじめを少しでもなくせるように、いじめられている人が元気になれるようにYELLを送りたいと言っていて、すごい人だなと思った。日本全国をまわるなんて大変だと思った。でも、いじめられている人に「勇気」とかを与えられるのは歌なのかなって思った。「歌」ってすごい力をもっていると思った。一人ぽつんと立っていた女の子はいじめられていて、でも、親には言えなくて…。その子を元気づけ、勇気づけたのも歌だと思った。つらいときに元気に明るくふるまえる人ってすごいと思う。その人だってつらいのに、でも悲しみを乗り越えなきゃダメだって思っていたと思う。私もそういう人になりたい。いじめている人がいたら注意したい!!!」
3年 Tさん
「今日、登天ポールさんの会ってお話を聞いて、ポールさんが目指した通りの明るい人だと思いました。金沢のライブで、少女がポールさんの歌を聞いて泣いていた話で、そういうふうに人の心に響くことはすごいと思いました。人に訴えかけることはとても大変で苦労もあったかもしれないけれど、他の人も明るくできるようなパワーがあって、人のために動けることは素晴らしいと思いました。私にはまだそんな力がないかもしれないけれど、もう少し勇気を出して、強い思いがあれば、思っている気持ちのうちの10分の1でも100分の1でも相手の心に届くかな…。ポールさんのお話から、少しでも周りの人を笑顔にできるように私の努力したいと思いました。とても充実した時間でした。ありがとうございました。」