toutenpaul.com
banner

登天ポールの「自殺反対、いじめ撲滅」キャンペーン全国行脚 

2014年02月の投稿

POSTED DATE : 2014年2月26日

2014年2月26日 内閣府青年社会活動コアリーダー育成プログラム・・・

写真 2

昨年10月、内閣府主催青年社会活動コアリーダー育成プログラムの8人の1人としてイギリス派遣に参加してきました。
今回はイギリスの人たちが日本に招へいされての歓迎レセプションです。
障害者(ニュージーランド)、高齢者(デンマーク)、青少年(イギリス)のメンバーが集まりました。
ロンドンから北西のスタッフォドシャー県で青少年ボランティア施設の責任者のエマさんと再会。
「Are you HAPPY MOUNTAIN??」
と懐かしい顔で声をかけてくれたのは4か月ぶりのEmma(女)さんでした。
Emmaさんの名刺の裏には施設の子ども達と一緒にマウンテンポーズをした写真がプリントしてあり、今でも子供たちはとても気に入ってマウンテンポーズをしていると話してくれました。
イギリスでは今インターネットのいじめが悪質化して大きな社会問題だと語ってくれました。
IMG_0001-2
〈エマさんの名刺の裏。ワールドワイドになったマウンテンポーズ〉

POSTED DATE : 2014年2月25日

2014年2月25日 千葉県/幸町集会

securedownload-1
千葉市美浜区にある幸町の集い40分講演です。
MOUNTAIN SONGのコーラスを担当しているアーティストmoccaさんのお母様が月一回開催している高齢者の集いに参加してきました。「春が来た」「幸せなら手を叩こう」などみんなで合唱しました。
笑顔笑顔のステキな先輩たちばかりでした。
全国行脚の話、現在のいじめ事情を話すと心を痛めてつつ聞いてくれました。
ラストはマウンテンソングに合わせてマウンテン体操をしました。
皆さんの明るい笑顔に接して嬉しさマウンテンでした。
moccaさんのお母様が問題を持つ若い親などの事例を熱く語ってくれました。
ネグレクト(育児放棄)の親たちが増え、離婚した男女同士が再婚し、その子供たちの中が悪く、そこで生まれた子供も存在し、不良へと育っている実例を聞きつつ、僕は育つ環境の重要性がいじめを助長しているんだと思わずにはいられませんでした。
お母様の話は僕のカンフル剤となりました。

POSTED DATE : 2014年2月10日

クラーク記念国際高等学校/姫路キャンパスからの感想文

クラークHP1
(クラーク記念国際高等学校姫路キャンパスのブログより)
講演後の2日後にクラーク記念国際高等学校姫路キャンパスよりたくさんの感想文が届きました。
僕はクラーク生からの感想文に特別な思いがありました。
不安感、期待感の中で読み進めるに連れ、僕が励まされていることに気づきました。
「夢、挑戦、達成」を掲げて学んでいる生徒たちだからこそ、いつも心にマウンテンの意味を感じてくれたのだと思います。
以下は感想文を抜粋します。(コメントを付けました/(´▽`*)\)
1年生Iさん
『私も小さいころからいじめられていました。
だから話を聞いてはげまされたし、ポジティブになりました。
自殺をして自ら命をたつということは、とてもおろかだと思いました。
いじめられていなくても、食べられていけないのも大変だと思いました。
みんないっしょうけんめい生きているんだと思いました。
私もうじうじしないで、ポジティブに生きていこうと思います。
歌もすごくメッセージがつたわってくるし、元気になれたし、すごいと思います。
私もみんなを笑顔にしてあげたいと思いました。
登天ポール先生みたいに日本や海外に行ってとかはできなくても、
私なりにできることをしていきたいです。』
ポール:無理せず自分ができることから始めていけばいいね/(´▽`*)\
1年生Uさん
『私は前にいた学校でいじわるをされていた時期がありました。
だから石川県の女の子の歌を聴いた時昔の自分と重なって泣いてしました。でもインドのお花を売っている女の子の話を聞いて、「私はすごく恵まれているな」と思いました。そしていじわるをされていた期間、悲劇のヒロインであるかのように落ち込み、沈んでいた当時の私がおかしくなりました。最後にM先生が言われていたようにこのような恵まれた環境し、また登天ポール先生が言われていた「辛い時ほど笑いとばせ」という言葉のようにいつでも笑顔でいられたらいいなと思いました』
ポール:悲しみ、苦しみを乗り越えたからこそ強くなれるよね/(´▽`*)\
2年生Hさん
『いじめについてなんですが、いじめはへるにしても撲滅するかは分からないと言う中であそこまで全力で訴えかけている登天ポールさんを見ていると、自然と自分たちが傍観者じゃダメだと思いました。いじめをなくすには、一人一人が思いやりと感謝の気持ちを持つべきであり、当たり前なことを当たり前にしないことをより改善されるとも思いました。そしてインドでの花を売る少女の話や、フィリピンでの話、どれも心に何か刺さるような話でした。何よりいじめられている子の歌が、少し泣きそうになりました。自分たちで何とかできる事は自分たちで動く、そして行動することによってわかるのだと思いました』
ポール:傍観者じゃダメだと感じてくれた君の心に拍手/(´▽`*)\
2年生Kさん
『私は自分のまわりでおちこんでいる人がいても何もすることができないし逆に自分がおちこんでいる時はずっとおちこんでしまって、笑うことなんかできなくてまわりの人に迷惑ばかりかけてしまっていました。
でも今日の登天ポール先生の話を聞いて、自分もつらいときに笑えたら、まわりでおちこんでいる人をもって笑顔にできたらいいなって思いました。今日の講演会ですごくいろいろなことを学びました』
ポール:笑顔って伝染するんだよね、だから笑顔笑顔~/(´▽`*)\
3年生Kさん
『僕もいじめにあって自殺しようとした事がありました。当時の自分の周りには助けてくれる友達もいなく、先生に相談もしましたが、力になってはもらえませんでした。結果的に命を落とすことにはなりませんでしたが、あの時に自分の中で何かが壊れた気がしたのを今でも覚えています。もしもあの時に先生の様な人がいてくれたら、僕の人生もほんの少しは変わっていたと思います。
これからいじめを受けている人がいたら僕も支えてあげたいと思います』
ポール:同じ悲しみを知っているからこそ人に優しくなれるんだ
きっと僕以外にも力になってくれる人がいるはずだよ/(´▽`*)\
3年生Kさん
『先生の講演が終わって周りを見渡すと、たくさんの笑顔があり、本当に先生はすごいなと思いました。
もちろん私も笑顔になりました。
私は将来、恵まれない人たちの力に少しでもなれたらと思っています。
しかし、私にとってそれは未知の世界で、周りの知り合いとも違う世界です。
気持ちがあるのに手をこまねいている自分がとても歯がゆく感じる一方、先生の決断力に本当に感動しました。その原動力は何なのか、とても疑問に思いましたが、先生の話を聞いて笑顔って大切だな、と思いました。私も、誰かの笑顔のためにこれから頑張れたらいいなと思います』
ポール:誰かの笑顔のために頑張ることは自分の笑顔のためになるんだよね/(´▽`*)\

POSTED DATE : 2014年2月7日

2014年2月5日 兵庫県/クラーク記念国際高等学校・姫路キャンパ・・・

DSC02511-2
史上最高齢の80歳で世界最高峰のエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さんが学校長を務めるクラーク記念国際高等学校、姫路キャンパス2時間講演です。
「夢・挑戦・達成」を掲げた特色あるクラーク校は独自のカリキュラムで学校生活を送っています。
僕も登天ポールとして、特別な講演をと張り切り過ぎた感もありますが、高校生たちは真剣な行動で歌トークに近づいてきてくれました。一体感となって元気な手拍子をしてくれ、講演後の質問コーナーでは、2人の女子高生が「家庭内での虐待、いじめへの対応」、「世界でボランティアをするにはどうしたらいいのか」とそれぞれからの直球の質問を受けました。先生方は生徒たちから積極的な質問が出たことを大変喜んでくれました。僕もまだ道の途中ですが、一緒に成長していこうと呼びかけました。
講演終了後、みんなと一緒にしたマウンテンポーズの写真はまるで卒業アルバムの1ページのようでした。