toutenpaul.com
banner

登天ポールの「自殺反対、いじめ撲滅」キャンペーン全国行脚 

2017年10月の投稿

POSTED DATE : 2017年10月29日

2017年10月28日 愛知県/みよし市立緑丘小学校

IMG_5194IMG_5187 IMG_5197

みよし市の北部丘陵地に新しく開発された新興住宅地の中にある愛知県みよし市立緑丘小学校90分講演です。

この日は開校20周年を記念し、みよし市長はじめ、来賓の方々、OB、多くの関係者が集まって20年節目の年を祝いました。

第2部での記念講演会「しあわせマウンテンをめざして〜ともだちは宝物〜」と題して登場しました。

おとといの文科省の発表で2016年いじめ把握数が32万件となり、前年度より10万件増の過去最多となったことを踏まえて、今一度子友達とはどういった関係なのかを歌、踊りを交えて伝えていきました。1年生から6年生までの幅を意識し、歌を多く歌いました。前列の1年生も最後まで手拍子を送ってくれてました。

最後のマウンテンソングでは先生方や子どもたちがステージに上がり、一緒に踊り合いました。

講演後、校長室で「いじめの講演もこういった楽しいスタイルで伝えてくれると、みんなにわかりやすく心に響くのにね」と笑顔で言ってくれた校長先生の言葉に開校20周年記念講演の成功を無事実感することができました。

 

POSTED DATE : 2017年10月26日

2017年10月26日 大阪府/豊中市立第五中学校(PTA)

DSC00555-1DSC00537-1DSC00562-1

豊中市立第五中学校PTA人権研究会80分講演です。

同じ校区内にある箕輪小学校の城野校長先生から紹介を受けて実現しました。

人権研究会には先生方、保護者の皆様、市の教育委員会の方々も参加してくれました。

普段子ども達に伝えていること、時代が変わっても大切にしてほしいことをメロディーに乗せて歌いました。最後までとても興味深く静かに聞き入ってくれました。

『いじめ撲滅と聞くと、重い暗い話を想像するかもしれません。

でも、角度を変えればいじめのない「ハッピーな未来の話」だと思うのです。

その角度から「まだやってるの、いじめ?」と僕は言いたいのです。

もういじめ合っている時代ではない、これからは助け合っていく時代。

みんなでいつも心にマウンテンを持って、素晴らしい明日へ登っていこう!』

願いを込めてマウンテンソングを歌うと、みんなも笑顔で歌い、踊ってくれました。

POSTED DATE : 2017年10月20日

2017年10月20日 大阪府/豊中市立第十四中学校

DSC00521-1 DSC00531-1 DSC00533-1

市内の中学校の中で最北に位置する豊中市立第十四中学校一年生90分出前講座です。

豊中市では、子どもの人権を大切にしながら、子どもがまわりの人から愛され、自分らしく健やかに育つことのできるまちをめざし、平成25年(2013年)に子ども健やか育み条例をつくりました。

その一環として今回実現しました。

体育館に集まった一年生157名は登場した僕を見て、目が点になっていました。

質問をしてみても返事が返ってこず、戸惑いの表情を浮かべていました。

そんな空気をブレイクするため、チョップスティックス!お箸の歌を歌うと、ようやく笑い声がこぼれ出しました。

つい7カ月前までは小学生だった彼らに、どんな言葉をかけたら伝わるのか、一語一語選んで話を進めていきました。全国行脚の旅では出会いの素晴らしさ、フィリピンでのボランティアの話では仲間とは何なのかを考えてもらいました。今日の第十四中一年生の皆さんとの出会いもとても素晴らしいことなんだと伝え、この一瞬をいつまでも忘れないようにフレンドソングを心を込めて弾き語りました。

 

講演後、学年主任の先生から「メロディーに乗せて伝えるっていいですよね。彼らの心の中にしっかりと伝わったと思います。たぶん一生忘れないと思います」という言葉をもらいました。

157名の彼らと、いつか人生のどこかで出会えたらいいのになぁとささやかな願いを胸に第十四中学校を後にしました。

POSTED DATE : 2017年10月14日

2017年10月14日 兵庫県/西脇市立重春小学校

DSC00452-1DSC00476-2 DSC00492-1

兵庫県中部にある山と川に囲まれた西脇市立重春小学校PTA講演会5、6年生60分講演です。

重春小学校は西脇市の中心部にある800名を超える市内一の大規模校です。

土曜日ということもあり、多くの保護者の皆様も集まり、いじめ問題への関心の高さを感じました。

高学年の子ども達にどう伝えるか、何を伝えたらいいのか、最後まで悩みました。

一生懸命に生きている海外の子どもの映像や、いじめられて涙を流し訴えてきた石川県の少女の歌などを聞いてもらい、みんなの心へ問いかけていきました。

いじめる力を自分の夢へ使ってほしい・・・

想いを込めて、マウンテンソングを歌いました。

講演後、校長室へ元気ある子ども達が笑顔であいさつに来てくれたり、僕の絵を描いて渡してくれる児童がいました。

「彼らなりに何かを感じてくれたんだと思います」と校長先生の優しい眼差しが印象的で、いつまでも僕を勇気づました。

POSTED DATE : 2017年10月6日

2017年10月6日 兵庫県/姫路市立増位中学校

DSC00437-1DSC00421-1 DSC00411-1

姫路城の北東部に位置する増位中学校90分講演です。校区には、奈良時代に建てられた増位山の随願寺やその沿道にある俳人松尾芭 蕉の像や遺品を祀る風羅堂跡があり、大変歴史深い地域でもあります。

本日はいじめ防止キャンペーンとして声を掛けてもらいました。

体育館では生徒たちの緊張した空気が漂い、真剣な面持ちで僕の登場を待ってくれていました。

一歩踏み出すことの勇気、命を傷つけることの意味、必ず誰かが見てくれているから最後まであきらめず信じてほしいという思いを、メロディーに込めて伝えました。

ラストのマウンテンソングでは生徒会の皆様が自らの意思で壇上に上がってくれて、講演を盛り上げてくれました。

一人でも多くの人々の心にいじめ撲滅のメロディーを響かせていきたい。

 

IMG_2475-1 DSC00390-1