toutenpaul.com
banner

登天ポールの「自殺反対、いじめ撲滅」キャンペーン全国行脚 

2019年01月の投稿

POSTED DATE : 2019年1月16日

阪神淡路大震災から24年

2018071700094_1

「贈らせし ひまわりの種は 生え揃ひ 葉を広げゆく 初夏の光に」

今日、平成最後の歌会で天皇陛下が被災地を思い、記憶と復興を願い、唄いました。

当時震災で亡くなった小学6年生のはるかさんが持っていたひまわりの種が半年後の夏、自宅の跡地でたくさんの花を咲かせました。

その種が東日本の被災地などに配られて復興のシンボルとして、今も各地で花を咲かせています。

命の尊さを、人々の希望を、はるかさんのひまわりが教えてくれています。

あの日、僕は19歳でした。

落ちてきた鉄の扉を、コタツの下に隠れて助かった命でした。

明日で阪神淡路大震災から24年。

活動のきっかけとなったあの日の記憶を後世に伝えるべく、

誰もが持っている優しさや人間愛を微力ながら伝えていきたいと思います。

今年も変わらぬ応援をよろしくお願いします。

 

いつも心にマウンテン