toutenpaul.com
banner

登天ポールの「自殺反対、いじめ撲滅」キャンペーン全国行脚 

2019年08月の投稿

POSTED DATE : 2019年8月29日

2019年8月26日 兵庫県/宝塚市じんけん講座

DSC03214-1DSC03226-1 DSC03231-1

宝塚歌劇団の本拠地である宝塚大劇場があり『歌劇の街』として全国的に有名な宝塚市じんけん講座120分講演です。宝塚市では約3年前、くらんど人権文化センターや山手台小学校、安倉小学校区を訪問し、今回は4度目の講演会となります。宝塚市役所3階の会議室で行われました。

朝10時より開演でしたが、教育関係者や多くの市民が集まり、宝塚市の人権に対しての熱い思い、真剣さを感じました。
ステージ横には手話の専門員が立ち、僕が話した言葉が一字一句もうひとつのスクリーンに映し出されていました。
できるだけ歌を多く聴いてもらいたいと思い、「WE ARE THE FAMILY~いじめ反対のうた~」や「命輝かせながら」など、歌詞ひとつひとつの思いに気持ちを込めて歌いました。

毎年、夏休み明けに子ども達の自殺が相次ぐ傾向があります。
今一度、命の尊さを考えてもらいたいとの思いで、誰も変わることができない、世界でたった一つの命を、地域の大人たちが一丸となって大切に守ってほしいと熱く歌い、語りました。

POSTED DATE : 2019年8月21日

2019年8月19日 徳島県/勝浦郡教育文化講演会

DSC02831-1DSC02836-1 DSC02849-1

徳島県東部にある勝浦郡勝浦中学校、教職員研修会90分講演です。
勝浦町は徳島県内で有数のミカンの産地で、向かう途中にみかん販売場が何店もありました。
以前勝浦町生比奈小学校、勝浦高校で講演した後、販売場に立ち寄って段ボールに入ったみかんを祖母と両親がいる石川県に送ったことを思い出し、また勝浦郡に来れたことを嬉しく、懐かしく思いました。

演題「パフォーマンスで訴えるいじめ撲滅」と題し、講演では勝浦郡教職員約70名の皆様へいじめられていた少女の歌や海外のいじめ撲滅活動の話、ピンクシャツデーの事例等を紹介し、それぞれ得意な方法でいじめ問題へ向き合ってもらえたらとメッセージを送りました。

DSC02861-1

講演後、校長先生方と記念撮影。
勝浦郡のいじめのない明日を目指して一緒にマウンテンポーズをしました。
ナイスマウンテン!

POSTED DATE : 2019年8月20日

2019年8月14日 石川県/輪島市あての森フェスティバル

190814IMG_5915 2 IMG_5930

石川県輪島市三井の里で毎年行われる夏祭り「あての森フェスティバル2019」に出演しました。

今年で30周年を迎えた三井地区最大のお祭りに、2011年から出演して8回目です。

今年も最後の大トリとして登場し、多くの子ども達が楽しみに待ってくれていました。

マウンテンソングが始まると子ども達は一緒にステージに上がり、ナイスマウンテンを決めてくれました。

自分に負けない心、夢に向かって登っていく大切さを歌、踊りのパフォーマンスで伝え、限りある人生を共に唄おうと「Song for Life」で締めくくりました。

アンコールのマウンテンソングではちびっこ達も一緒になって踊り、裸になりながらもナイスマウンテンをしてくれるちびっこもいてマウンテンションマックスに!

熱い熱い2019年夏、みんな思い出をありがとマウンテン!

来年も逢えることを楽しみにしています。

 

 

POSTED DATE : 2019年8月7日

2019年8月6日 石川県/教育フェスタ講演会

DSC02821-1 DSC02815-1 DSC02803

能登半島の西の付根に位置し、海岸沿いの砂浜を車で走ることができる羽咋市教育フェスタ講演会90分講演です。

石川県教職員組合羽咋支部の主催によって実現しました。

羽咋市では5年前、羽咋CATVでニュースキャスター、レポーターをしていたこともあり、また奥能登は両親、祖母が住んでいて能登は僕の故郷です。来場者の中には何人か知ってくれている人がいて久々の再会に心をときめかせました。

会場となったコスモアイル羽咋は宇宙科学博物館で、併設されているドーム型のプラネタリウムホールは音響、照明が整っており、まるでコンサートホールのような臨場感の中で講演をすることができました。

夏休みの中、集まってくれた先生方の人権に対する熱心な想いに応えるべく一曲でも多く歌を披露し、

最後は海外のいじめ撲滅活動を紹介しました。

世界80か国以上で行われているピンクシャツデーを例に挙げ、香川県人権研究会の皆さんと一緒に作詞作曲した

「WE ARE THE FAMILY~いじめ反対のうた~」を歌うと一緒に口ずさんでくれる先生たちがいました。

講演後、司会をしていた先生が「ポールさんの高い歌声が心に染み染みわたってきて、いじめる人もいじめられる人もだんだんとなくなっていくんだなあと思いました」と感想を伝えてくれました。

その言葉がとても嬉しくて、神戸への帰り道はいつまでもごきげんでした。

 

POSTED DATE : 2019年8月5日

2019年8月2日 大阪府/門真市立学校園管理職人権教育研修会

DSC02784-1 DSC02790-1 DSC02794-1

大阪府北河内地域に位置する門真市(かどまし)立学校園管理職人権教育研修会90分講演です。
大阪府豊中市のJ校長先生がこの春に門真市に転任され、是非門真市でも広めていきましょうと実現しました。
今回は夏休みの教職員研修ということで、門真市の全小中学校の校長先生、教頭先生たちの前で披露できる貴重な機会となりました。

オープニングでハプニングがありました。
歌いながら登場したのですが、マイクのスイッチが入っておらず、いきなりの空回り。
いつもの小中学生の眼差しとは違い、重い視線が集まる中、1曲目のチョップスティックの歌も吹っ飛びました。
しかし、ここ門真市で一人でも多くの子ども達へ届けたいという一心で一生懸命90分間やり続けました。

最後はみんなでマウンテンソングを歌い、マウンテンポーズをしました。
さすが校長先生の皆様方とあってとても素晴らしいマウンテンポーズ、TOP Of ナイスマウンテンを見ることができました。

講演後、一人の女性先生から「新しい切り口でよかったです。人権ってどうしても、こうしなさい、ああしなさいと杓子定規な言い方になってしまう。ポールさんの講演は押しつけがましくなくてスッと心に入ってきました」と笑顔で声を掛けてくれました。

門真市でもいじめ撲滅、自殺反対を掲げ、いつも心にマウンテンな心で登っていきたいと思います。