toutenpaul.com

ひとつの出会いから

出会いが出会いを生む。
出会いは人生を変える。
出会いは幸せを呼ぶ。
10月16日、長野県箕輪中学校での講演をしました。
仙丈ケ岳が見える大自然の中で心豊かな生徒達の前での講演は大きな喜びでした。
3年前、長野県の学校を一つ一つ訪問していた時のことでした。
大町にある小、中学校ではすべて断られ、もう長野県での講演は無理なのかなと半ば諦め、落ち込んでいました。
夕暮れ時、帰宅への道を走っていると、冬季オリンピックが開催された白馬路に茶色い建物の白馬中学校が飛び込んできました。
それは夏の夕暮れでとても暑い日でした。
生徒たちは下校していて、学校は静かでした。
受付の事務員に声を掛けると、校長室に通してくれました。
そこに現れたのは一瞬にして僕の心を解きほぐしてくれる校長先生の笑顔でした。
これまでの経緯を話し、いじめをなくしたい思いを伝えていくと、O校長先生は理解してくれ、また校長先生の教育論も聞かせてくれました。
気づけばお互い時を忘れて、1時間半ほど話していました。
そして3か月後、O校長先生から白馬中学校への講演依頼を頂き、冬季オリンピックの表彰式会場となったホールで講演ができ、音響効果、照明等、素晴らしい環境で伝えることができました。
白馬中学校から始まった長野県の講演は今年10月16日の講演で7校目となりました。
O校長先生の推薦で県教育委員会の講師紹介サイトにも登録できました。
あの夏の夕暮れ時の、たった一つの出会い。
あの時、断られながらも、あきらめずにもう一校と勇気を出して飛び込んだことが、いじめ撲滅活動を大きく飛躍させたと思います。
 

コメントを残す


(必須)