toutenpaul.com

今月の校長先生(第4回)

これまで沢山の校長先生に会ってきました。

校長先生との会話の中で僕だけ聞いて終わるのはもったいないな…と思った校長先生からの言葉、

心に残ったワンフレーズを紹介するコーナーです。

2月は香川県高松市立庵治小学校の石原博校長先生です。

石原校長先生は香川県高松市の人権教育の中心となり活動されています。

人権を学校、行政、民間の区別なく情報交換して学べるように、人権懇親会を定期的に開催しています。

会では同和教育からBGLT問題、最新のモラルハラスメントまで、幅広い知識を提供し、人権情報冊子を配布しています。

2015年7月には、僕を国立ハンセン病療養所がある大島青松園へ案内してくれました。

石原校長先生がいつも言う言葉があります。

 

『人権教育も勉学と同じように、これを学んだらおしまいということはない。

  いつも錆びないように、人権感覚を磨いておくことが重要です』

 

人権問題も時代とともに変化していく中、柔軟に対応し、

人権感覚を磨いていくことの大切を今新たに思っています。

P1020606-2