toutenpaul.com

新学期が始まって2週間

新学期が始まって2週間がたちました。
新しい環境に徐々に慣れて、自分らしさを表現できる子、自分の世界感を大切にしている子、友達ができ、仲良しグループも形成され始めている頃だと思います。この1か月の間に、クラスの勢力図、今のはやりの言葉で言うとスクールカーストが作られていき、少しずつ、いじめが始まっていきます。
子供からいじめを守ろうネットワークからのメールマガジンに「いじめのサイン」が分かりやすく書いてありましたので、紹介します。

・急に元気がなくなる。
・帰ってくるとすぐに部屋に閉じこもる。
・理由のわからない成績の低下。
・親の前で携帯メールを見なくなる。
・友達から電話があっても、出たがらない。
・おねしょをする。
・妙に明るく装う。
・教科書に落書きがある。
・服が破れていたり、汚してくる。
・物をよくなくす。
・急にお金を欲しがる。
・擦り傷や打撲がある。
・頭痛を訴え、学校に行きたがらなくない。

これはあくまで一例ですが、この様に、普段と違う行動をしていないか。
そういう点を注意して、保護者の方々には、「いじめのサイン」について確認してもらえたらと思います。

そして、もう一点大事なことは、子供への価値観、道徳観の教えです。
いじめを見たとき、いじめに出会った時、自分がどんな振る舞いをすべきかを、
保護者の方々がしっかりと伝えることが重要です。
 

仲間とは何なのか、

どういったことを仲間と呼ぶのか、

何を大切にして生きていくのか、

 

を、新学期のスタートであるこの時期に、子供たちと会話をし、コミュニケーションをとっておくことが、大切だと僕は思います。