toutenpaul.com

机に大量紙切れ、高2自殺未遂 第三者委「いじめ」認定

AS20171126001284_comm
同じ神戸市住む私立高校に通う女子生徒(18)が今年2月24日、兵庫県内の公園で飛び降り自殺を図りました。生徒は2年生だった昨年秋以降、同級生のグループから、机や椅子に大量の紙切れを貼りつけられたり、聞こえるように「(高校を)さっさとやめろや、ブス」などと悪口を言われたりするいじめを受けました。現在、生徒は一命を取り留めたが、頭などを強く打って3カ月以上入院し、今も「死んでしまえ」という幻聴やいじめた同級生の幻覚に悩まされ、意識障害を患い通院治療を続けています。
 
http://www.asahi.com/articles/ASKCP6WSBKCPPIHB02F.html?iref=pc_extlink
 
担任の教師は「仲間同士の)じゃれ合い」と言った。
この紙の量を見たら、ただのじゃれ合いではないことは一目瞭然だろう。どうやってこの机で授業ができるというのだろうか。女子生徒の気持ちを考えると、一番そばにいる教師にまで見て見ぬ振りをされ、生きる希望を失ったんだと思う。
 
女子生徒さんへ、無事生きてくれてありがとう。どうか早く元気なってほしい。
そして見識ある大人たちが、いじめた側への最大限の反省を、謝罪を、償いを、強く、強く求めていきたい。