toutenpaul.com

阪神淡路大震災から20年~被災地での決意~


2015年1月17日5時46分。
「それでは皆さんで黙とうをしたいと思います。黙とう…」
神戸市灘区、大和公園。
以前地域型仮設住宅があった場所。
僕は震災当初から神戸大学生の中心に結成された震災救援隊のつどいに参加し、OB、OGの方々約40名と輪になって黙とうを捧げました。
さっきまで風が吹いていたのに不思議とピタリと止みました。
真空管の中にいるような静寂の中、20年前のあの時の記憶をそっと辿ってみる。
20秒ほど過ぎたとき、ジーンと足元から伝わってくる寒さを感じました。
  あの時、十分な衣服を着る間もなく放り出された人たち、
  瓦礫の下敷きになった人たち、
  きっとこの寒さにも震えていただろうに…
神戸に戻ってきて、初めて迎える震災記念日。
僕はこれからもあの体験を1人でも多くの子ども達へ伝え続けようと思いました。

コメントを残す


(必須)