toutenpaul.com
banner

登天ポールの「自殺反対、いじめ撲滅」キャンペーン全国行脚 

イベント アーカイブ

POSTED DATE : 2019年11月7日

2019年10月22日 大阪府/FM COCOLO

IMG_6449

2007年全国行脚の時から応援してくれている関西を代表するDJの一人、マーキーさんに会いに大阪丸ビルのFM COCOLOへ行ってきました。
マウンテンソングに続く第2弾「chan chan chance!」がリスナーからのリクエストがあり、先週の潜伏リクエストで流れました。リスナーの皆様から元気をもらったとのメッセージもあったとのことで、感謝の気持ちを伝えました。

POSTED DATE : 2019年8月20日

2019年8月14日 石川県/輪島市あての森フェスティバル

190814IMG_5915 2 IMG_5930

石川県輪島市三井の里で毎年行われる夏祭り「あての森フェスティバル2019」に出演しました。

今年で30周年を迎えた三井地区最大のお祭りに、2011年から出演して8回目です。

今年も最後の大トリとして登場し、多くの子ども達が楽しみに待ってくれていました。

マウンテンソングが始まると子ども達は一緒にステージに上がり、ナイスマウンテンを決めてくれました。

自分に負けない心、夢に向かって登っていく大切さを歌、踊りのパフォーマンスで伝え、限りある人生を共に唄おうと「Song for Life」で締めくくりました。

アンコールのマウンテンソングではちびっこ達も一緒になって踊り、裸になりながらもナイスマウンテンをしてくれるちびっこもいてマウンテンションマックスに!

熱い熱い2019年夏、みんな思い出をありがとマウンテン!

来年も逢えることを楽しみにしています。

 

 

POSTED DATE : 2019年5月29日

2019年5月19日 和歌山県/癒しフェスティバル2019

cache_Messagep4479 IMG_5580 cache_Messagep4478-1

和歌山県田辺市で行われた癒しフェスティバル2019の30分ステージです。

2016年から参加し、今年で3回目となりました。

会場は和歌山県立情報交流センターBig・U。

近未来的な建造物で屋内にはたくさんのイベントスペースや図書館もありとても綺麗な場所で癒されました。

最終日の今日は天気もよく、たくさんの来場者が訪れてくれ、最終ステージに登場した僕を温かく迎えてくれました。

「負けないで!届け、マウンテン!」

思いを歌に乗せて一生懸命パフォーマンスをしました。

これからも和歌山県の一人でも多くの子ども達にいじめのない気持ちや自殺なんてしないようにパフォーマンスを通じて伝えていきたいと思います。

前回同様、いつも心にマウンテン和歌山支部の皆様がサポートしてくれました。

最初から最後まで本当にありがとうございました。

 

POSTED DATE : 2018年9月10日

2018年08月11日 香川県/人権研究会

IMG_4094IMG_4096 (1) IMG_4093

年に5回、高松市立鶴尾中学校の石原校長先生が人権勉強会を開いています。

香川県内の人権担当先生方や行政の人権担当者など、多くの参加していました。

今回もいじめ撲滅を意味するピンクシャツを来て、前回作詞作曲した「WE ARE THE FAMILY~いじめ撲滅の歌~」をみんなで歌いました。

またいつも人権の会をお世話をしてくれたメンバー(とみぃさん)が6月に急に倒れ、亡くなりました。同時期に石原校長先生の孫娘も亡くなりました。哀悼の意を表し、2曲「ありがとう、とみぃ」「沖縄の青空の下で」を作詞作曲して歌いました。

涙ながら聴いてくれている人も多くいて、改めて命の尊さを実感した夜となりました。

 

POSTED DATE : 2017年11月20日

2017年11月19日 和歌山県/癒しフェスタ2017

23559834_1708783689141652_4453064503551592938_n

紀南フリーペーパー「ココラデ11月号」より

IMG_2794IMG_2792 IMG_2793

昨年に引き続き、和歌山・白浜での癒しフェスタに出演しました。

ステージ前ではいつも熱く、強く、応援してくれているいつも心にマウンテン和歌山支部の皆さんが集まってくれました。

昨今の若者の自殺事情や、いじめ事情に触れ、微力ながら少しでもエールを送れたらと思いを伝えて歌い始めました。

マウンテンソングではマウンテンダンサーズとして衣装を着て、一緒に踊ってくれました。

素晴らしい時間を共有し、無事ステージを終えることができました。

風が強い中、最後まで応援してくれた皆様、心からありがとマウンテン!

 

POSTED DATE : 2017年4月17日

2017年4月11日 和歌山県/和歌山市「登天ポール活動講演会」

IMG_1706IMG_1731 IMG_1704

和歌山市にあるおしゃれなカフェ、ヌメロオンセで行われた登天ポール活動報告60分講演です。

昨年、和歌山県白浜で行われた「癒しフェスタ2016」に出演機会をくれたSさんが「登天ポール後援会 和歌山支部」を立ち上げ、今回実現しました。

いつもの公教育の場とは違い、大人のバーでのライブ形式で始まりに、少し戸惑いながらもリラックスしながら、これまでの思いをギターの音色と共に奏でていきました。

仕事終わりで駆けつけてくれた方々やお子様連れのお母さん等、みんなドリンクを片手に、僕の歌や話に聞き入り、拍手を送ってくれました。

香林坊の少女の歌では、いじめられて涙を流した子供の気持ちに、我が子の姿を重ねた親もいました。

笑顔がつながり合うハッピーな未来を目指そうと、最後はみんなでマウンテンソング。

歌い、踊り、初めての人たちも笑顔でつながり合いました。

翌日、FM和歌山にも出演する機会を頂き、いじめ撲滅への思いを届けました。

17855059_1416558981729495_887958362399110571_o

今回、参加費の一部を寄付してもらいました。

登天ポール後援会和歌山支部の皆様、本当にありがとマウンテン!

応援してくれる仲間たちがいる、みんなのエールを力に変えて今年度も登っていきたいと思います。

 

POSTED DATE : 2017年3月23日

2017年3月19日 香川県/高松市人権懇談会「ピンクシャツデー」

高松市人権懇親会に参加しました。

「今月の校長先生(第4回)」にも登場してもらった高松市立庵治小学校の石原校長先生は人権を学校、行政、民間の区別なく情報交換して学べるように、人権懇親会を定期的に開催しています。

今回のテーマはいじめ反対を訴える「ピンクシャツデー」。

2007年、カナダのノバ・スコシア州の男子高校生がピンク色のポロシャツを着ていたというだけで、上級生から「ホモ」などとからかわれ、暴力などのいじめを受けました。

それを知った2人の男子生徒が、ピンク色のシャツを50着ほど購入し、クラスメートにシャツを着るようにメールで依頼。翌朝、学校に行ってみると、連絡をしなかった生徒にもメッセージが伝えられていて、校内はピンクのシャツや小物を身に着けた生徒であふれていました。それ以来、その生徒に対するいじめはなくなったそうです。

この件が、「非暴力的でとてもユニークな方法によりいじめをやめさせた」としてニュースに流れ、カナダ中で大きな社会現象となりました。

カナダでは毎年2月最終水曜日がPINK SHIRT DAYとして定められています。

そのエピソードがSNS等で世界中に広まり現在では70ヵ国以上の国で活動が行われています。

僕はこの会に合わせ「いじめ反対のうた」を作詞・作曲をしました。

皆さんの感想や意見も聞き、よりよい歌になるように、作り上げていけたらと思っています。

この「いじめ反対のうた」が、高松人権懇親会を起点にして、全国に展開されることを願っています。

 

いじめ反対のうた~We are the family~

作詞・作曲 登天ポール

(1)

もしも君の 涙の訳が いじめにあるのなら

一番に この僕が コメディアンになる

WE ARE THE FAMILY

笑顔見せて ピンクシャツ着て踊るから

STOP BULLYING  ANY  MORE

忘れないで 僕らは歌う いじめ反対のうた

(2)

もしも君の 悪い気持ちが いじめをするのなら

一番に この僕が マジシャンになる

WE ARE THE FAMILY

大空に あなたの女神が舞い降りる

STOP BULLYING  ANY  MORE

蘇れ! 僕らは歌う いじめ反対のうた

(3)

僕たちは 仲間なんだ いじめなんてやめて

つながり合う 世界の ドリーマーになろう

WE ARE THE FAMILY

手をつないで 素晴らしいあしたつくろうよ

STOP BULLYING  ANY  MORE

心合わせ 僕らは歌う いじめ反対のうた