toutenpaul.com
banner

登天ポールの「自殺反対、いじめ撲滅」キャンペーン全国行脚 

学校・生涯学習 アーカイブ

POSTED DATE : 2017年8月5日

2017年7月27日 和歌山県/FM和歌山(BANANA FM87・・・

 IMG_2263 IMG_2262 IMG_2261 IMG_2260   ダイワロイネットホテル2階 にあるFM和歌山サテライトスタジオでの公開生放送に出演してきました。

オープンスペースにはたくさんの登天ポール後援会和歌山支部の皆様が集まってくれて、小学生や中学生、親子連れの方も参加してくれました。

オープニングではマウンテンソングを歌いながら登場し、みんなでマウンテンポーズで楽しみました。

DJいもやんとのクロストークではいじめについて語り、「今大人たちが変わらないといけない」と強く伝えました。

後半はライブ形式で、トークを交えながらギター弾き語りで思いを伝えました。

全国行脚の旅の中でくじけそうになった時、思わず木に抱きついた「おしえてTREE」やいじめを苦に思いを伝えた「香林坊の少女」など全6曲を披露しました。

和歌山という地でも、こんなにたくさんの方々に興味を持ってもらい、いじめ問題をそれぞれが真摯に考えてくれたこと、とても有意義な時間を過ごすことができました。

和歌山でも一人一人確実に、僕の活動の輪が広がってくれていることに

心から感謝したいと思います。

最後は会場の皆様と一緒にマウンテンポーズで記念撮影。

和歌山県PRキャラクター「きいちゃん」も駆けつけてくれていじめのない明日を願いました。

 

POSTED DATE : 2017年7月12日

2017年7月4日 大阪府/関西大学 

IMG_3741

関西大学社会学部での2コマ90分講義です。

日本青年会議所「人間力大賞2012」特別賞受賞をした時、取材してくれた作家の城島充さんからの依頼を受け実現しました。
将来メディア関係を目指す関大生2回生の皆さんが記者なり、僕に質問するという内容です。

社会学部の必修科目とのこともあり、取材した記事がレポート提出となるので、皆さんの表情は真剣でした。さすが大学生ということもあり、小中学校とは違う細部に渡る質問が相次ぎました。

自分では見えなかった感情や考えも発見でき、とても有意義な時間を過ごすことができました。

【主な質問】

・いじめがある社会の中で、僕たちはどういじめと付き合っていくのがいいと考えているのか?

・いじめっ子の実際の反応は?

・今後の展開・ゴールはどこなのか?

・メディアには出演しないのか?

・もう一度、全国行脚する可能性は?

 

最後はマウンテンポーズで記念写真。

ハッピーな未来を目指してみんなでいじめ撲滅を願いました。

IMG_4437IMG_3620
IMG_0726

弓道マウンテン、ありがとう!

POSTED DATE : 2017年6月23日

2017年6月20日 奈良県/奈良市立登美ヶ丘中学校

DSC00261-1DSC00269-2 DSC00281-1

歴史の生きずく奈良市立登美ヶ丘中学校90分講演です。

登美ヶ丘地区は大阪・奈良のベットタウンとして発展し、多くの学校が集まる学園都市でもあります。

校長先生が来年入学する2校の小学6年生100名を招集してくれていました。

小学6年生から中学3年生までの幅があるので、講演内容が伝わっているか不安な部分もありましたが、講演後、N先生から「小学生はノリがよく、ストレートに聞いてくれてくれていましたね。中学生は普段、教師からでは伝わらないものですが、ポールさんの歌と情熱からだとしっかりとメッセージが届いていると思います」と言ってくれました。

「なぜいじめはいけないのか」「精一杯生きる」二つの大きなテーマを話すことができ、良かったです。

先生方からこれからの奈良での展開を応援していますとエールを戴き、学校を後にしました。

DSC00284-1

 

POSTED DATE : 2017年6月15日

2017年6月15日 大阪府/豊中市立箕輪小学校

DSC00248-1DSC00236-1 DSC00228-1

大阪伊丹空港近くにある豊中市立箕輪小学校5年生の出前講座です。
(※登天ポールは豊中市教育委員会、出前講座事業の5人の1人の講師として登録されています)

Paul’s Column「今月の校長先生」第1回の城野校長先生が今年も声をかけてくれて、3回目の講演となります。
多目的室に集まった5年生の児童は、元気いっぱい。手拍子の中で講演はスタートしました。
全国行脚の話からこれまでの活動を丁寧に話し、「何でいじめっていけないんだと思う?」と考える時間を多く持ちました。発表では、「心を傷つけるから」「夢まで失くしてしまうから」「誰も喜ばない」「周りを悲しくさせてしまう」等、さまざまな思いや意見が出てきて、みんなで感心し、発表者へ拍手を送りました。
最後はしあわせマウンテンをめざして、マウンテンソング。
どんなときもなかよしマウンテンでいて下さいと5年生にメッセージを送りました。

POSTED DATE : 2017年6月14日

2017年6月14日 大阪府/豊中市立第八中学校

DSC00202-1DSC00205-1 DSC00208-1

千里ニュータウンの中心地にある緑豊かな豊中市立第八中学校一年生の出前講座です。
(※登天ポールは豊中市教育委員会、出前講座事業の5人の1人の講師として登録されています)
以前講演をした北丘小学校と東丘小学校の児童が第八中学校に進学するとのことで、2回目の出会いとなりました。
小学校の時に披露したマウンテンソングやマウンテンポーズをほとんどの生徒が覚えてくれていました。

「心にマウンテンを持って中学生になってくれましたか?」

との問いに、生徒たちは苦笑い。ふたりの生徒が「疲れている」、「忙しい」と発表してくれました。

「楽しい日々もハッピーとはいかない日々もあったと思う。そんな毎日の中、忘れがちな大切なことをもう一度思い出してほしい」

と話し出しました。
小学生時の講演と重複しないよう、内容を中学生用にブラッシュアップし、なぜいじめはいけないのか、なぜ命は尊いのか、仲間とは何か等、質問形式で生徒たちに語りかけていきました。

海外での実体験を通して、答えを導き出し、言葉では足りない思いをギターの弾き語りで伝えていきました。
最後の生徒代表の挨拶では「一人ひとりの命と尊さと言葉は命まで奪ってしまうことを学びました」と言ってくれたことに、思わずホッとしました。

講演後の校長室ではR校長先生が「仲間とは何なのかを今一度考える機会ができてよかった」と言ってくれました。
北丘小学校のS校長先生と東丘小学校のM校長先生も来てくれていてびっくりサプライズ。
あまりの豪華な顔ぶれに思わず記念写真をお願いしました。

IMG_1972 (1)

さすが!校長先生方はナイスマウンテンでした!

POSTED DATE : 2017年5月25日

2017年5月23日 兵庫県/猪名川町立楊津小学校

DSC00152-1DSC00158-1DSC00169-1

兵庫県と大阪府の県境、近畿地方のほぼ中央に位置する町、猪名川町。

兵庫県立自然公園などを背景に、現在では約3万2千人が緑とともに暮らす住宅都市として発展している猪名川町立楊津小学校60分講演です。

全校児童55名の子ども達は元気いっぱい。

僕の登場を手拍子をしながら楽しみに待ってくれていました。

繋がり合う喜び、感じ合う素晴らしさを、伝えたい。

そして、何よりも僕たちは仲間なんだ。

そんなことを思いながら、新曲「いじめ反対のうた」をギターで弾き語りました。

いじめのないクラスへ、学校へ、兵庫県へ、日本へ、世界へ・・・

最後はしあわせマウンテンをめざして「マウンテンソング」をみんなで踊り、歌いました。

DSC00178-1DSC00189-1

POSTED DATE : 2017年4月17日

2017年4月11日 奈良県/五條市人権総合センター「人権を確かめ・・・

DSC00135-1DSC00114-1 DSC00126-1
奈良県南西部の市にある南和地域の中心都市、五條市人権総合センター90分講演です。
毎年4月11日は「人権を確かめ合う日」として奈良県内一斉集会が行われています。
はじめに式典として五條市長、市議会議員のご挨拶があり、その後、記念講演として実現しました。
五條市は昨年9月に五條小学校で講演したこともあり2度目です。
五條市にきて思うことは五條の歴史の深さ(南北朝時代から遡る)、出会った人々の人権に対する熱い思いに感動させられます。
この日も会場には教育関係者をはじめ、老若男女、たくさんの市民が集まりました。
全国行脚やここまでの経験から、
「人権を考える、人権を確かめ合う日というのは今、自分がどんな行動ができるか、そういうことを考える日だと僕は思います」

と話し、それぞれ置かれた環境の中で、自分ができる行動を、自分が伝えやすい表現で、人権問題へ取り組んでほしいと熱い思いを伝えました。

最後はしあわせマウンテンをめざして「マウンテンソング」。

会場一体となったマウンテンポーズで、五條市のハッピーな未来を共に願いました。

POSTED DATE : 2017年3月17日

2017年3月17日 大阪府/豊中市立桜井谷小学校「卒業式」

IMG_1494

人生のひとつの大きな節目の豊中市立桜井谷小学校「卒業式」に来賓として出席しました。

昨年11月22日での講演後、K校長先生より「是非卒業式に来賓として出席戴ければ嬉しいです」との依頼を受けての実現でした。

他の来賓の方々とは違い、ひと際目立つ僕でしたが、子供たちの卒業という巣立ちの席に参加して、祝福を送れたことは大きな喜びです。

4か月前、心を一つにすることが仲間だよねとフレンドソングを歌った時、みんなの表情にあまり元気がないように見えました。しかし今日のみんなはしっかりと夢を語り、まっすぐに前を向いて歩いている姿に彼らの成長を見ました。

中学生になっても自分らしく進んで行ってほしいと思います。

卒業おめでとマウンテン!