toutenpaul.com
banner

登天ポールの「自殺反対、いじめ撲滅」キャンペーン全国行脚 

学校 アーカイブ

POSTED DATE : 2017年12月11日

2017年12月07日 香川県/高松市立龍雲中学校

DSC00978-1DSC00946-1 DSC00950-1

高松市の中心部から南へ約8kmの平地に位置する高松市立龍雲中学校80分講演です。

校区内には江戸時代初期から門前町として栄えた仏生山町があります。

この日は龍雲中学校の人権を考える日ということで人権集会があり、生徒たちの人権学習の発表会がありました。

生徒たちの熱い思いに負けないように、マウンテンソングを歌いながら元気いっぱいに登場すると、体育館いっぱいに並んだ約850名の生徒たちは派手な衣装に驚きつつも、笑顔に変わりました。

後ろの生徒まで届くように、心まで繋がり合えるように、思いをギターのメロディーを響かせると、涙を拭く生徒たちがいました。

温かい気持ちになってくれたら、いじめが少なくなってくれたらともう一度心を込めて伝えました。

POSTED DATE : 2017年12月1日

2017年12月01日 大阪府/豊中市立庄内南小学校

DSC00883-1DSC00908-1 DSC00914-1

豊中市の南部にある豊中市立庄内南小学校(低学年50分・高学年60分)講演です。

学校の近くには住宅のほか、工場や大型店舗もあり、都会の中にある小学校という印象を受けました。

校内に入ると、朝からマウンテンソングを口ずさんでいる児童たちがいました。

目と目が合い、まだ衣装ではない僕を見て、「もしかしてとうてんぽーるさん?」と質問しました。

僕は何も言わずマウンテンポーズをすると、笑顔でマウンテンポーズをしてくれました。

それから友達にとうてんぽーるさんが来た~と走って教室に帰っていきました。

「今日まで楽しみにしてくれてたんだな、これは頑張らないといけないな」と気合いのスイッチを入れました。

体育館に集まった元気いっぱいの児童たちは僕の登場に目を輝かせてくれました。

相手を思いやる大切さを、歌い、踊り、語りながら伝えました。

第二部の高学年では、みんな落ち着いた空気でさすが大人の空気を感じました。

片付けの時、数名の児童と記念撮影しました。

「頼むよ!仲良しマウンテンでこの学校を守っていってよ!」と全員と握手をしました。

家に帰ると、児童たちから僕のフェイスブックにメッセージが届いていました。

その一通があまりにも嬉しく、感動したので紹介します。

『登天ポールさん今日来てもらった庄内南庄内学校の児童です。今日はまことに来ていただきありがとうございました。僕は最後に何人かで写真を撮った時に僕もその写真の中に入ってました。僕はいじめはダメだと思いますだから僕もいじめられてる友達を見たら助けて上げようと思いました。僕も登天ポールさんのしてることを協力しますので応援してます。もし登天ポールさんがやめたときに登天ポールさんを受け継ぎたいと思います。ぜひそれまで、これからも頑張ってください‼』

DSC00938-1

 

POSTED DATE : 2017年11月29日

2017年11月28日 香川県/高松市立三渓小学校

DSC00838-1DSC00845-1 DSC00862-1

高松市南部に位置し、日山・日妻山などの山に囲まれ、三郎池が中心にある高松市立三渓小学校60分講演です。

少子化で児童が減少する中、三渓小の学区はここ5年間で右肩上がりに児童数が増えており、高松市内で人気の場所となっています。

この日は人権集会として各学年が人権について発表し、児童たちは精一杯の人権劇や歌などを披露しました。

子供達の元気な姿に負けないように、僕も元気いっぱいに会場の後ろから歌いながら登場しました。

いじめ自殺を防止するためにした全国行脚の旅や笑顔でいることの大切さについて語りました。最後に全校生で元気いっぱいの「マウンテンソング」歌い、僕の心も体も元気いっぱいになりました。

POSTED DATE : 2017年11月22日

2017年11月22日 奈良県/五條市立阿太小学校

DSC00769-1IMG_2774 DSC00761-1

奈良県南西部にある南和地域の中心都市、五條市立阿太小学校80分講演です。
美しい吉野川が流れ、所々に柿の木があり、大きな実が実っていました。

体育館には約50名の児童が椅子に座って待ってくれていました。
始めの挨拶は、校門の入り口にあった「ふるさとの誇りを力に!」の言葉を借り、自然の豊かさ、深い歴史が生きずくこのふるさとに自信を持って下さいと言葉を送りました。

全国行脚の話、いじめられた子のエピソードを話すと、みんな自分の事のように感じてくれていました。給食で流れていたマウンテンソングが流れると、みんな笑顔になり一緒に歌い踊りました。

最後の教頭先生の挨拶が終わり、退場しようとすると、一人の男の子から写真コールが湧き起こりました。嬉しくて、みんなで一緒に記念撮影をしました。

小規模校での素晴らしさを大切にして、いつまでも仲良しマウンテンで繋がっていってほしいと願っています。

POSTED DATE : 2017年11月17日

2017年11月14日 長野県/伊那市立西箕輪小学校

DSC00744-1DSC00724-1 DSC00730-1
(写真作成中)
長野県の南部に位置する伊那市立西箕輪小学校70分講演です。
前日の西箕輪中学校と路地を隔てて反対側にあります。
森の中に囲まれた豊かな佇まいの学舎ではすでにマウンテンソングが流れていました。
登場した時は少し緊張気味だった子供達でしたが、講演が進むにつれて、笑顔がこぼれました。
いじめられた少女の歌では、自分のことのようにじっと聞き入っていました。
このかけがいのない小学校時代を最高の仲間と共に過ごして欲しいと願いを込め、最後にフレンドソングを歌いました。
公演後、3年つが組で給食をご馳走になりました。
机を引っ付けてみんなと一緒に食べる時間はとても懐かしく、とても美味しく、思わず踊ってしまいました。

IMG_2746
感謝を込めてマウンテンポーズをすると、お礼に一人の恰幅のいい少年がナイスマウンテンを披露してくれました。ナイスマウンテンっ!

POSTED DATE : 2017年11月17日

2017年11月13日 長野県/伊那市立西箕輪中学校

DSC04981-1IMG_2681 DSC05002-1
長野県の南部に位置し、南アルプスと中央アルプスの二つのアルプスに抱かれ、市の中央部を天竜川と三峰川が流れる豊かな自然と歴史・文化が育まれた自然共生都市、伊那市立西箕輪中学校90分講演です。
5年前の夏の夕暮れ、同県の白馬中学校を訪れた時、僕の活動を親身になって聞いてくれたO校長先生の呼びかけで実現しました。
久方ぶりの再会にお互い心を躍らせ、また出会えた喜びで胸がいっぱいになりました。
生徒たちにも僕と校長先生との出会いのエピソードを話し、願えば願いって実現するんだと伝えました。
講演内容は「仲間つくり」をテーマに話しました。クレパスのカラーのように、お互いの色の違いについて話し、それぞれに役割があり、それぞれが必要だと伝えました。最後はみんなでマウンテンソング。さすが日本アルプスのマウンテンに囲まれているだけあり、みんなのマウンテンはとても自然で、気高く、誇りに満ちているようでした。

POSTED DATE : 2017年11月11日

2017年11月09日 長野県/小諸市立小諸東中学校

DSC00655-1DSC00610-1 DSC00652-1

長野県東部に位置し、美しい懐古園(小諸城)で有名な小諸市立小諸東中学校60分講演です。
背景に浅間山が広がる校門をくぐると、女子生徒たちが僕に気づき、マウンテンポーズをしてくれました。
4年前、同市になる美南ガ丘小学校で講演をしました。
その時の児童もいて、中学生になってもマウンテンをポーズを覚えてくれていたのでした。
久しぶりの再会に笑顔で会話を交わし、懐かしいような、照れくさいような、何とも言えない気持ちになりました。
小諸東中学校は市内で一番の大規模校、体育館は生徒達でぎっしり埋まっていました。
この日はインターネット上での人権問題について話をしました。
学校裏サイト、いじめ動画さらし、LINEいじめ、既読スルー、未読スル―等、限られた狭い範囲でのいじめが続出している現状を話し、3つの対策を伝えました。神奈川・座間市で起きた連続殺人の手段もネット上での繋がりだったこともあり、必要以上にネットの人間関係にこだわらないでほしいとメッセージを送りました。

講演後、全校生徒は、感謝の気持ちとして、合唱曲を歌ってくれました。
その歌声はとても美しく、男女の掛け合いもとても素晴らしく、体全身に響き渡りました。

最後見送りに来てくれた生徒たちと一緒にありがとマウンテンの写真を撮りました。

DSC00661-1

またいつの日かマウンテンポーズをして出会えたらいいなと願いを込めて校舎を後にしました。

POSTED DATE : 2017年11月11日

2017年11月01日 石川県/加賀市立片山津小学校

PB010013 2IMG_2540-1 PB010021 2

加賀温泉郷のひとつ、北陸を代表する片山津温泉で有名な片山津小学校60分講演です。
加賀市では以前に片山津中学校での講演があり、今回3度目の訪問となりました。
登場を楽しみに待っていてくれた約200名の児童は目を輝かせながら拍手をくれました。
ゆっくりと話し出すと、体育館は静まり出し、真剣な表情でスクリーンを見つめてました。
香林坊の路上ライブの写真では同じ石川県ということもあり、知っている人が沢山いました。
少女が体験したいじめエピソードを歌詞した歌に、彼女の苦しみ、悩みを、感じ取ってくれているようでした。

もっとハッピーでいこうと声をかけて、最後はマウンテンソング。
ドスンドスンと体育館が揺れるくらい踊り合って、みんな笑顔でいじめ撲滅を誓い合いました。

POSTED DATE : 2017年7月18日

2017年7月14日 徳島県/阿南市立大野小学校

IMG_2188DSC00342-1DSC00305-1DSC00340-1

徳島県阿南市立大野小学校4年生による歌づくりです。

大野小学校は城山の麓に広がる沖積平野の中にあり、大河、那賀川が流れています。

大野小学校は環境教育にも力を入れ、地域の人々とのふれあい、働くことの大切さを学んでいる学校です。

昨年度に徳島県の離島にある、伊島小学校の歌づくり依頼をくれたH校長先生からの2回目のオファーです。

早朝2時間あまりをかけ、H校長先生の運転で、4年生担任のT先生、僕とスタッフ2人の5人で、那賀川周辺を案内してもらい、イメージを膨らませました。

H校長先生、T先生の熱い郷土愛と深い歴史感に感動の触発を受けました。

しっかりとした意見、意見発表のできる児童たちも積極的に歌詞づくり、曲づくりに参加してくれ、

名曲が生まれました。

タイトルは児童たちの意見を取り入れて「清き那賀川~時を越えて~」にしました。

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪「清き那賀川~時を越えて~」♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

作詞:阿南市立大野小学校

作曲:登天ポール

遠く  深く  速く 清く  流れ続ける

いのちをつなぐ  あばれ龍  青き 那賀川

 

古毛の大岩  受けつづく  勇気を

野神神社で  祈りを込めた

 

土手の緑  風に揺れる 祭りうちこ ひびけよ

 

遠く  深く  速く  清く  流れ続ける

いのちをつなぐ  あばれ龍  青き 那賀川

 

遠く  深く  速く  清く  流れのままに

未来に ずっと流れゆけ  青き 那賀川

清き 那賀川  僕らの 那賀川

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

5時限目、4年生の18名、校長先生、担任の先生、音楽の先生と共に新曲を歌い、

歌声は校舎いっぱいに響きわたりました。

歌づくりというクリエイティブな醍醐味を全員で体験することができました。

「清き那賀川~時を越えて~」はこれからも那賀川と共に流れ、歌い続けていってほしいと願っています。

POSTED DATE : 2017年6月23日

2017年6月20日 奈良県/奈良市立登美ヶ丘中学校

DSC00261-1DSC00269-2 DSC00281-1

歴史の生きずく奈良市立登美ヶ丘中学校90分講演です。

登美ヶ丘地区は大阪・奈良のベットタウンとして発展し、多くの学校が集まる学園都市でもあります。

校長先生が来年入学する2校の小学6年生100名を招集してくれていました。

小学6年生から中学3年生までの幅があるので、講演内容が伝わっているか不安な部分もありましたが、講演後、N先生から「小学生はノリがよく、ストレートに聞いてくれてくれていましたね。中学生は普段、教師からでは伝わらないものですが、ポールさんの歌と情熱からだとしっかりとメッセージが届いていると思います」と言ってくれました。

「なぜいじめはいけないのか」「精一杯生きる」二つの大きなテーマを話すことができ、良かったです。

先生方からこれからの奈良での展開を応援していますとエールを戴き、学校を後にしました。

DSC00284-1

 

POSTED DATE : 2017年6月14日

2017年6月14日 大阪府/豊中市立第八中学校

DSC00202-1DSC00205-1 DSC00208-1

千里ニュータウンの中心地にある緑豊かな豊中市立第八中学校一年生の出前講座です。
(※登天ポールは豊中市教育委員会、出前講座事業の5人の1人の講師として登録されています)
以前講演をした北丘小学校と東丘小学校の児童が第八中学校に進学するとのことで、2回目の出会いとなりました。
小学校の時に披露したマウンテンソングやマウンテンポーズをほとんどの生徒が覚えてくれていました。

「心にマウンテンを持って中学生になってくれましたか?」

との問いに、生徒たちは苦笑い。ふたりの生徒が「疲れている」、「忙しい」と発表してくれました。

「楽しい日々もハッピーとはいかない日々もあったと思う。そんな毎日の中、忘れがちな大切なことをもう一度思い出してほしい」

と話し出しました。
小学生時の講演と重複しないよう、内容を中学生用にブラッシュアップし、なぜいじめはいけないのか、なぜ命は尊いのか、仲間とは何か等、質問形式で生徒たちに語りかけていきました。

海外での実体験を通して、答えを導き出し、言葉では足りない思いをギターの弾き語りで伝えていきました。
最後の生徒代表の挨拶では「一人ひとりの命と尊さと言葉は命まで奪ってしまうことを学びました」と言ってくれたことに、思わずホッとしました。

講演後の校長室ではR校長先生が「仲間とは何なのかを今一度考える機会ができてよかった」と言ってくれました。
北丘小学校のS校長先生と東丘小学校のM校長先生も来てくれていてびっくりサプライズ。
あまりの豪華な顔ぶれに思わず記念写真をお願いしました。

IMG_1972 (1)

さすが!校長先生方はナイスマウンテンでした!

POSTED DATE : 2017年5月25日

2017年5月23日 兵庫県/猪名川町立楊津小学校

DSC00152-1DSC00158-1DSC00169-1

兵庫県と大阪府の県境、近畿地方のほぼ中央に位置する町、猪名川町。

兵庫県立自然公園などを背景に、現在では約3万2千人が緑とともに暮らす住宅都市として発展している猪名川町立楊津小学校60分講演です。

全校児童55名の子ども達は元気いっぱい。

僕の登場を手拍子をしながら楽しみに待ってくれていました。

繋がり合う喜び、感じ合う素晴らしさを、伝えたい。

そして、何よりも僕たちは仲間なんだ。

そんなことを思いながら、新曲「いじめ反対のうた」をギターで弾き語りました。

いじめのないクラスへ、学校へ、兵庫県へ、日本へ、世界へ・・・

最後はしあわせマウンテンをめざして「マウンテンソング」をみんなで踊り、歌いました。

DSC00178-1DSC00189-1