toutenpaul.com
banner

登天ポールの「自殺反対、いじめ撲滅」キャンペーン全国行脚 

POSTED DATE : 2016年1月23日

これまでの歩み

画像をクリックするとこれまでの記事がでます。

路上                              学校・生涯学習
DSC07757       IMG_0490-1

 

メディア                  感想文
IMG_0002-1       topletter-1

POSTED DATE : 2019年9月12日

2019年9月11日 香川県/高松市立太田小学校

DSC02893-1DSC02894-1 DSC02867-2

高松市の中部、南北に細長い太田地区のほぼ中央に位置する高松市立太田小学校5,6年生60分講演です。2年前に続き2回目の講演となりました。

気温35度近く残暑が残る体育館には何台もの扇風機が置かれ、熱中症対策に万全を期していました。前回6年生は僕の講演を見てくれていたので、とても楽しみに待ってくれていました。

オープニングで歌うメロディーちゃんの紹介SONGをどうしようかと思っていたのですが、
もしかして覚えてくれているかなと思い、

「おはしの歌~チョップスティックス、挟み撃ち~」のタイトルコールをすると、
おお~と6年生の子ども達からどよめきが湧き起こりました。

何か懐かしい旧友と出逢ったような気分になり、心地良い距離感の中で講演会は進んで行きました。

新学期に入り、またいじめ自殺が相次いで起こっていることを踏まえ、謗り合ったり、いじめ合ったりして他人に目を向けることではなく、自分自身を大切に、夢に向かって精一杯生きていこうとメッセージを送りました。

講演後、後片付けをしていると、何人かの子ども達が話しかけてきてくれて手伝ってくれました。
校長先生によると「彼らはそれぞれしんどい思いをしている児童です。そんな子ども達が笑顔でポールさんのところに話かけていっている姿を見て、彼らの心に何か響いたんだなと…」そういって言葉を詰まらせました。

帰る間際、6年生が「マウンテンソングのCDないんですか~。来週修学旅行なのでバスの中で歌って踊りたいです!」と言ってきたので、サインを書いてプレゼントしました。

一生に一度の修学旅行。僕も行きたいな~。

残りわずかな小学生生活。
6年間の思い出を、楽しい仲間たちと一緒に仲良しマウンテンで過ごしてくれたらと願っています。

POSTED DATE : 2019年9月4日

2019年9月2日 香川県/高松市立壇紙小学校

IMG_0598-1
IMG_0604-1 IMG_2097-1

高松市の南西部に位置する、檀紙小学校60分講演です。
校区には「御厩(みまや)焼き」という伝統的な産業をはじめ,江戸時代の代表的な民家である「小比賀邸」(国指定重要文化財)など,さまざまな史跡があり,伝統と文化のある地域です。
以前、高松第一小中学校、高松市立三渓小学校で校長先生だった堺校長先生が声をかけてくれて三度目となる講演会が檀紙小学校で実現しました。

久方ぶりの再会に話は弾み、あっという間に講演会の時間がやってきました。

体育館いっぱいに集まった全校生徒約600名の児童たちは今か今かと僕の登場を待っていました。

昼休みに何度かマウンテンソングをかけてくれていたので、音楽が始まると口ずさんでくれている子ども達もいて、一気にテンションがあがりました。

この日はとてもいい天気で残暑の中、体育館は熱気に包まれていましたが、低学年の子供たちも最後まで静かに耳を傾けてくれて、手拍子を送ってくれました。

いじめられた子を気持ちを歌った「香林坊の少女」では、神妙な面持ちでそれぞれの心で聴き入ってくれていました。

児童代表のあいさつでは「いじめのなくすために全国を周っていて、行動することの大切さを学びました。」と述べ、折り紙で作った色とりどりな鶴のありがとうメダルを首にかけてくれました。

 

今でも子ども達はマウンテンソングを口づさんでくれていると聞き、これからもなかよしマウンテンで、楽しい学校生活を送ってほしいと心から願っています。

IMG_2114-1

堺校長先生ありがとマウンテン!

POSTED DATE : 2019年8月29日

2019年8月26日 兵庫県/宝塚市じんけん講座

DSC03214-1DSC03226-1 DSC03231-1

宝塚歌劇団の本拠地である宝塚大劇場があり『歌劇の街』として全国的に有名な宝塚市じんけん講座120分講演です。宝塚市では約3年前、くらんど人権文化センターや山手台小学校、安倉小学校区を訪問し、今回は4度目の講演会となります。宝塚市役所3階の会議室で行われました。

朝10時より開演でしたが、教育関係者や多くの市民が集まり、宝塚市の人権に対しての熱い思い、真剣さを感じました。
ステージ横には手話の専門員が立ち、僕が話した言葉が一字一句もうひとつのスクリーンに映し出されていました。
できるだけ歌を多く聴いてもらいたいと思い、「WE ARE THE FAMILY~いじめ反対のうた~」や「命輝かせながら」など、歌詞ひとつひとつの思いに気持ちを込めて歌いました。

毎年、夏休み明けに子ども達の自殺が相次ぐ傾向があります。
今一度、命の尊さを考えてもらいたいとの思いで、誰も変わることができない、世界でたった一つの命を、地域の大人たちが一丸となって大切に守ってほしいと熱く歌い、語りました。

POSTED DATE : 2019年8月21日

2019年8月19日 徳島県/勝浦郡教育文化講演会

DSC02831-1DSC02836-1 DSC02849-1

徳島県東部にある勝浦郡勝浦中学校、教職員研修会90分講演です。
勝浦町は徳島県内で有数のミカンの産地で、向かう途中にみかん販売場が何店もありました。
以前勝浦町生比奈小学校、勝浦高校で講演した後、販売場に立ち寄って段ボールに入ったみかんを祖母と両親がいる石川県に送ったことを思い出し、また勝浦郡に来れたことを嬉しく、懐かしく思いました。

演題「パフォーマンスで訴えるいじめ撲滅」と題し、講演では勝浦郡教職員約70名の皆様へいじめられていた少女の歌や海外のいじめ撲滅活動の話、ピンクシャツデーの事例等を紹介し、それぞれ得意な方法でいじめ問題へ向き合ってもらえたらとメッセージを送りました。

DSC02861-1

講演後、校長先生方と記念撮影。
勝浦郡のいじめのない明日を目指して一緒にマウンテンポーズをしました。
ナイスマウンテン!

POSTED DATE : 2019年8月20日

2019年8月14日 石川県/輪島市あての森フェスティバル

190814IMG_5915 2 IMG_5930

石川県輪島市三井の里で毎年行われる夏祭り「あての森フェスティバル2019」に出演しました。

今年で30周年を迎えた三井地区最大のお祭りに、2011年から出演して8回目です。

今年も最後の大トリとして登場し、多くの子ども達が楽しみに待ってくれていました。

マウンテンソングが始まると子ども達は一緒にステージに上がり、ナイスマウンテンを決めてくれました。

自分に負けない心、夢に向かって登っていく大切さを歌、踊りのパフォーマンスで伝え、限りある人生を共に唄おうと「Song for Life」で締めくくりました。

アンコールのマウンテンソングではちびっこ達も一緒になって踊り、裸になりながらもナイスマウンテンをしてくれるちびっこもいてマウンテンションマックスに!

熱い熱い2019年夏、みんな思い出をありがとマウンテン!

来年も逢えることを楽しみにしています。

 

 

POSTED DATE : 2019年8月7日

2019年8月6日 石川県/教育フェスタ講演会

DSC02821-1 DSC02815-1 DSC02803

能登半島の西の付根に位置し、海岸沿いの砂浜を車で走ることができる羽咋市教育フェスタ講演会90分講演です。

石川県教職員組合羽咋支部の主催によって実現しました。

羽咋市では5年前、羽咋CATVでニュースキャスター、レポーターをしていたこともあり、また奥能登は両親、祖母が住んでいて能登は僕の故郷です。来場者の中には何人か知ってくれている人がいて久々の再会に心をときめかせました。

会場となったコスモアイル羽咋は宇宙科学博物館で、併設されているドーム型のプラネタリウムホールは音響、照明が整っており、まるでコンサートホールのような臨場感の中で講演をすることができました。

夏休みの中、集まってくれた先生方の人権に対する熱心な想いに応えるべく一曲でも多く歌を披露し、

最後は海外のいじめ撲滅活動を紹介しました。

世界80か国以上で行われているピンクシャツデーを例に挙げ、香川県人権研究会の皆さんと一緒に作詞作曲した

「WE ARE THE FAMILY~いじめ反対のうた~」を歌うと一緒に口ずさんでくれる先生たちがいました。

講演後、司会をしていた先生が「ポールさんの高い歌声が心に染み染みわたってきて、いじめる人もいじめられる人もだんだんとなくなっていくんだなあと思いました」と感想を伝えてくれました。

その言葉がとても嬉しくて、神戸への帰り道はいつまでもごきげんでした。

 

POSTED DATE : 2019年8月5日

2019年8月2日 大阪府/門真市立学校園管理職人権教育研修会

DSC02784-1 DSC02790-1 DSC02794-1

大阪府北河内地域に位置する門真市(かどまし)立学校園管理職人権教育研修会90分講演です。
大阪府豊中市のJ校長先生がこの春に門真市に転任され、是非門真市でも広めていきましょうと実現しました。
今回は夏休みの教職員研修ということで、門真市の全小中学校の校長先生、教頭先生たちの前で披露できる貴重な機会となりました。

オープニングでハプニングがありました。
歌いながら登場したのですが、マイクのスイッチが入っておらず、いきなりの空回り。
いつもの小中学生の眼差しとは違い、重い視線が集まる中、1曲目のチョップスティックの歌も吹っ飛びました。
しかし、ここ門真市で一人でも多くの子ども達へ届けたいという一心で一生懸命90分間やり続けました。

最後はみんなでマウンテンソングを歌い、マウンテンポーズをしました。
さすが校長先生の皆様方とあってとても素晴らしいマウンテンポーズ、TOP Of ナイスマウンテンを見ることができました。

講演後、一人の女性先生から「新しい切り口でよかったです。人権ってどうしても、こうしなさい、ああしなさいと杓子定規な言い方になってしまう。ポールさんの講演は押しつけがましくなくてスッと心に入ってきました」と笑顔で声を掛けてくれました。

門真市でもいじめ撲滅、自殺反対を掲げ、いつも心にマウンテンな心で登っていきたいと思います。

POSTED DATE : 2019年6月25日

2019年6月24日 香川県/香川県立高松北中学校

P1240979-1 IMG_5790 P1240988-1

高松市牟礼町、五剣山の麓にある香川県立高松北中学校90分講演です。
高松北中学校は香川県併設型中高一貫教育を行っています。
美しい五剣山を眺めながら、登っていくと青空と緑の中に開かれてた正門が見えてきました。

体育館には全校生徒たちが「いじめ撲滅」「自殺反対」「いつも心にマウンテン」の3本ののぼり旗を見つめていました。

命をテーマに戴いていたので、僕は京都駅で出会った子供を失くした父親の話をしました。

なぜいじめがいけないのか、なぜ命は尊いのか、その根本的なの部分をもう一度見つめてほしいとの思いでギター弾き語り曲「命輝かせながら」を歌いました。

例えいじめることがあったとしても、良くなかったなと思えるような心を、育んでいってほしいと訴えました。

POSTED DATE : 2019年6月20日

2019年6月14日 大阪府/豊中市立島田小学校

DSC_2637DSC_2638-1
名神高速道路豊中インターのすぐ傍に位置する大阪府豊中市立島田小学校45分講演です。

豊中市では、子どもの人権を大切にしながら、子どもがまわりの人から愛され、自分らしく健やかに育つことのできるまちをめざし、平成25年(2013年)にさまざまな方から意見をいただきながら子ども健やか育み条例をつくりました。

条例の周知をはかるとともに、子どもの人権に関する理解を深めるため、豊中市内の小・中学校の児童・生徒・保護者を対象に出前講座を実施しています。登天ポールは4人の出前講師の一人として派遣されています。

今回は前回聞いて戴いた先生が転勤になり、新しく赴任した島田小学校で声を掛けてくれ実現しました。
まだ心地良い初夏の体育館には全校児童が集まり、最後まで集中して僕の歌、話を聞いてくれました。

子供たち一人ひとりにも人権がある。
愛されて育っていく権利がある。

愛情深く育む地域社会をつくっていくために、
大人たちが一人でも多く、子ども達の立場になって考えていく未来になれば素敵ですよね。

POSTED DATE : 2019年6月17日

2019年6月13日 京都府/福知山市立庵我小学校

CIMG9292-1IMG_5737-1 CIMG9294-1

明智光秀が築城した丹波随一の城下町がある福知山市立庵我小学校45分講演です。

3年前、福知山市立遷喬小学校での講演で出逢った先生方から声を掛けて戴き、庵我地区公民館、庵我小学校PTAの共催で実現しました。

体育館には保護者、地域の皆様も集まっており、庵我地域のいじめ撲滅に対する熱心さを感じました。

繋がってきた命というものの尊さ、人を思いやり、助け合う素晴らしさを全国行脚の体験を通し、歌、踊りで伝えていきました。

講演後、校長先生が声を大にしてSOSの重要性を伝えました。

「歌の歌詞にもありましたが、苦しかったら声を上げて下さい。どんなことがあっても死んだらダメ。

大人に迷惑をかけていいから、声を上げて!おおごとにしていいから、その思いを大人に伝えて!」

体育館に響き渡ったその声は、児童たちだけでなく、地域の大人たちの心にも響きました。

POSTED DATE : 2019年6月13日

2019年6月12日 大阪府/猪名川町立楊津小学校

IMG_5724-1IMG_5704-1 IMG_5716-1

兵庫県南東部に位置する自然豊かな町、猪名川町立楊津小学校45分講演です。

2年前にも声を掛けて戴き今回2回目の訪問となりました。

道中コンビニエンスストアに立ち寄ると、ツバメが飛び回っていて、よく見ると屋根にツバメの巣がありました。

大きく口を開けた5匹のヒナ。何度も何度もエサを取ってはヒナの口に運ぶ親鳥を見て、親が子を思う気持ちは変わらないんだなぁと妙に感動して見ていました。

さらに猪名川の上流へ、学校への道のりを進めるにつれて前回の子ども達との再会に胸が高鳴りました。

『覚えてくれているかな、変わらず仲良しマウンテンでいてくれているのかな…』

そんな不安な思いは彼らと会うなり、吹っ飛びました。

みんなナイスマウンテンで迎えてくれて、笑顔、笑顔、笑顔の再会でした。

2年前のお話を覚えていないのは僕の方でした。

インド、マザーテレサハウスやガンジス川での話は次回の楽しみにとっておいてくださいね。

また町の教育委員会や校長先生にお願いするして実現できるように頑張るからね。

素敵な仲間たちとの再会と別れがあったかもしれない、

帰りの空はいつもより青く、初夏の太陽はいつまでもキラキラと、輝いているように見えました。

PS.翌日、読売新聞朝刊に掲載されました!

IMG_5791