toutenpaul.com

ポールのティーン時代

今のティーンたちは何をして遊んでいるのだろうか。
今週は神戸での自分のティーン時代を振り返ってみる。
■小学校の頃はよく公園で遊んでいた。
近所にタコ公園というタコの形をした滑り台があった。
学校が終わったら、いつものメンバー3人とタコへ向かう。
滑り台のなのに滑り降りずにジャンプするのが流行っていてw、一度失敗し顔面着地した。
また滑り台を下から駆け登る「逆すべり台」も熱くて、
思いっきりダッシュするんだけどあと一歩のところでズルズル~と滑り落ちた。
なかなか登れない。しまいにはクラスの好きな女子の名前を叫びながら
「あゆみ~♪」とか言ってリポビタンDのCMばりに駆け登ってた。
今思えばこの頃から登り好きだったなぁ~。
遊び終わったあと自動販売機で買うジュースが最高だった。
当時、アクエリアスのレモンが新発売されていて、
100円をみんなで出し合い一気に飲み干した。夕暮れにレモンの香りが心地よかった。
■テレビゲームが登場した。
任天堂「ファミコン」。
まだコントローラーがゴムの■ボタンだった。
近所の一人っ子のヤツが最初に買ったとかでみんなで遊びに行った。
一番人気は「マリオブラザーズ」。
亀を下から頭突いて裏返しになったところをやっつけるという単純なゲーム。
亀がラス1になるとめっちゃ早くなるのでビビッた。
二番人気は「バルーンファイト」。風船2つが命ズナ。
低空飛行過ぎたらナマズに食われた。ビビッた。
小5くらいに「ドラクエ1」が出てロールプレイングの楽しさを知った。
まだセーブ機能がなく復活の呪文をメモる。間違えると涙タイム。
初めてドラゴンに出くわした時はビビッた。
当時家にテレビが一台しかなくやり過ぎるとよく母に怒られた。
アダプターを隠させた。でもすぐ見つけてまたレベルアップに励んだ。
それも見つかりいきなりブチっとアダプターを切られた。
2時間のレベルアップが水の泡。「なにすんねん!!」
家族の揉め事のタネとなっていた。ホント懐かしすぎる…。
■勉強ごとは極端だった。
小6くらいから塾に通った。
一番不得意な教科はすべて。あえていうなら国語。
「下線部の作者の意図を20文字以内で述べよ」
の意味が分からなかった。
『その人と出会ったことがないので分かりません。』
と正直に答えて怒られた。
このままではマズイ、何か得意な教科を作ろうと思い、
中1から始まるニュージャンル、英語だけを集中し勉強した。
おかげで中学三年間オール5。
あとの教科はオール2というアンバランスな現象が起こった。
But、何か一つでも極めたやつは強かった。
その勢いのまま大学まで登りつめた。
国語力がない分今の私のトークには変な英語が混じっている。
■音楽が大好きだった。
小6の頃、「フレフレ!ポンセ」というわけの分からない曲を作った。
当時外人の野球選手ポンセが好きで曲を作った。
ポンセの歌なのに歌い始めは「涙♪微笑み♪ましろにぞ♪」という出だしだった。
当時から意味はなかった。
だが、クラスのヤツに歌いまくってたらウケたので
音楽の先生に頼んで譜面をおこしてもらった。めちゃ嬉しかった。
オルガンで先生に弾いてもらった。感動した。
今考えるとよくあんな歌、譜面にしてくれたなと改めて感謝。
中1~3はジャパンロックに夢中だった。
ブルーハーツやジュンスカ、ユニコーンなど
全くカッコつけていないあの弾け具合が好きだった。
ティーンながらそのソウルがダイレクトに突き刺さる。
濱省、長渕、尾崎豊…本物だった。
今みたいに誰かのマネごとミュージックではなく彼らの人生が歌になっていた。
カッコよかった。
■最後にいじめのこと。
中1~3の頃、「ビーバップハイスクール」とか「ハイスクール落書き」、
「ろくでなしブルース」などが流行っていてヤンキーブームだった。
ジーンズにイカツイ刺繍があるだけで一目を置かれる。
トラサルディーはNO1(笑)。
幼馴染みがヤンキーのTOPだったので自然と私はそのグループにいた。
中学校同士の争いの時代でもあり「お前どこ中や?」。
団結力は強く、今より硬派な時代でもあった。
しかし、その幼馴染みの家庭環境がひどく(離婚してたり兄貴が暴力を振るったり)
ホントにかわいそうなくらいに次の日顔にあざがあったりした。
そんな日は私や周りに八つ当たりのようにいじめを繰り返した。
しかし、幼馴染み。
二人きりになると大好きなブルーハーツの話やライブの話で盛り上がる。
相手の気持ちも分かるし、いじめも止めて欲しいし、ホント複雑な心境だった。
でもケンカとなれば我らのドン、めちゃ強かったし、カッコよかった。
いじめられていたが私の場合LOVEのあるいじめだった。
■今日のいじめ問題。
今はもっと隠見ないじめじゃないかな。自殺するくらいやから。
5/13(日)から全国行脚スタートなので
どんな状況なのか各地のTOPヤンキーとも話してみたい。
いよいよ全国へ向けディパーチャー。
今のティーンエイジに生のマウンテンソングを聞いてもらい
チッポケな悩みなど忘れ元気マウンテンになってもらえればハッピー。
ひとりでも多くの心に届け、マウンテン!!
各地でのマウンテンポーズの写真も楽しみにしててプリーズ。
    改めて皆さんのご協力宜しく~♪
NexT WeeK 「全国行脚スタート 1日目を終えて」

コメントを残す


(必須)