toutenpaul.com

山形県中1生いじめ自殺について

2014年新年早々山形県天童市でいじめによる自殺があった。
新学期初日、中一の女生徒が山形新幹線に飛び込むというあまりにも悲惨な自死だった。
530人のアンケートによると、多数からいじめを受けていたという生徒たちからの回答だった。
おそらく彼女の周りのほとんどが傍観者だったのだろう。
悩みもがいている彼女に一言でもいい、「大丈夫だ…味方だかからね」「私は応援しているから、気にしないで…」と言ってくれる誰かが欲しかった。
君の勇気ある一言と行動を…
もし今このような状況で悩んでいる人がいるなら僕は強く訴えたい。
悩んでいる君たちに愛する人たちを持ってほしいという事だ。
昨年暮れに亡くなったネルソン・マンデラは自分の愛するアフリカ人のために、どんな辛い拷問にも耐え続け、そして戦い抜いた。
マンデラは恐らく死ぬ以上に辛い拷問と牢獄生活だったに違いない。
しかし、マンデラは生き抜いた。
これはネルソン・マンデラには自分と同じ血を引く、愛するアフリカ人がいたからだ。
しかし、まだ君たちにはマンデラのような強さは無理かもしれない。
けれでも、自分の身の回りを見てほしい。
必ず愛する誰かがいるだろう。
必ず自分を愛してくれる誰かがいるだろう。
ならば例えどんな状況に陥っても自死という最も悲しいことは選ばないはずだ。
彼女の魂が安らかであるように祈ります。

コメントを残す


(必須)